カテゴリ:ココロンバ( 60 )
2013年のテーマを描こう!
b0129115_14551464.jpg

Kaちゃん(小3)『友情』




b0129115_15191356.jpg

Uiちゃん(小3)『青春』




今年初のココロンバ、絵の具をにじませて描くことをしました。

自分が思う今年大事にしたい事を漢字二文字、
水に濡らした紙に、イメージする色で大きくまず一文字、
その上に重なるように別の色でもう一文字。

すると、文字はにじみ合ってもとの字の形はとどめていません。

文字は絵となり画用紙にとけ込んでいきます。


そうして出来たのが、今年のテーマ・イメージ画。


ここのところ、ずっと絵の具を使うことを嫌がっていた二人、
何かを描かなければいけないということに縛られ続けていた二人、
失敗を怖れていた二人、
下書きの鉛筆を何度も消してはそこから進めなくなっていた二人、
出来ないと思い込んでいる二人、
心を閉ざしていた二人・・・


モコさんはなんとかそこから抜け出れないかと、
二人を引っ張ってきたつもりだったけど・・・どうすることも出来なかった。


でも、今年のスタートはそんなのを吹っ飛ばそうと思って、
このワークをやってみたのでした。




Kaちゃんの『友情』。
まるでダンスを踊っているみたいだね!
喜びが溢れてて、花びらが舞い、元気で楽しくって、
すごくあったかい。
躍動感溢れる素敵なイメージができたと思いますよ!
すごくいい!!


Uiちゃんの『青春』。
この言葉を選んだのがUiちゃんらしい。
まるでシャボン玉のような、光が色に分かれたみたいになったね!
光、空気、風、香り・・・目に見えないものをあらわしたような
とっても不思議で、豊かな奥深いイメージになったね!
すごくいい!!




こうして新たな年が始まったわけですが・・・
モコさんはちょっと思うことがあり、
ココロンバを一度リセットすると決めました。

モコさんのために時間をください。

『私がココロンバでしたいこと』
それをはっきりとさせ、言葉にし、形にし、みなさんに届けれるようにしてから
あらためてココロンバを開きます。

もっと子ども達と向き合うために。



どうぞ見守っててください。
みんなありがとう。
[PR]
by cotomotoca | 2013-01-10 15:21 | ココロンバ
協同と同調
b0129115_11161028.jpg


今週のココロンバ、モコさんは風邪で元気がなく・・・

何週も前から「ふたりで一緒にやりたいの!」というので、
「今日がクリスマス前の最後のココロンバだよ。」と伝えたものの、
そんなことはどうでもいいようで・・・


「じゃあ、先に自分たちのやりたいことやることにする?」と聞くと、
よろこんで作業に取りかかったおふたり・・・




b0129115_11161355.jpg


またしても紙粘土の動物たちのためのお家です。

あ〜でもない、こ〜でもないとふたりで話し合いながらやっています。
なので、消しゴムのカスがすごいことに・・・


モコさんは気にかかります。
協同と同調の境目はなんだろう?

KaちゃんもUiちゃんも自分の意見をそこに入れてやっているようで、
相手に合わせているところもあるようで・・・
協同なのか同調なのか???

でも、ふたりはその作業がすっごく楽しいようです。




「ねえ、9歳のクリスマスはこの時1回だけなんだよね・・・」
そうモコさんがつぶやくと、Uiちゃんが反応しました。
「モコさん、私なんか描いてみたい!」

「え、サンタさん信じてるの?」Kaちゃんが聞きます。
「信じる人のところにサンタさんは来るんだよ。」そうモコさんは答えました。

サンタクロースの存在が消えはじめる年頃かなぁ〜。



モコさんの提案で家とツリーを描いてもらおうと思って、
それを張り込むバックとなる紙を選んでもらおうとすると、
ふたりとも同じのに・・・「じゃあ、いい。」とふたり・・・
結局はそれはやらないことになってしまった。

同調??協同??



b0129115_11164367.jpg


最後に、先々週に作ったリースの芯に、
時間がないのでモコさんがグリーンを挟み込んでおきました。

先々週の様子はこちら


b0129115_11164631.jpg


飾り付け。

「もっと作れば良かった・・・モールまだある?」と始めたけれど・・・

「できない!モコさんやって!」
「やろうとすればできるよ。」
「できないよ!だってやり方しんないもん!」
「やり方は自分でどうやるのかを考えるんだよ。」
「そんなのわかるわけないじゃん!」


どうもこうも・・・教わったことをやるというのは嫌いなくせに、
教わらなければできないという制限もあるんだよね・・・




b0129115_11162361.jpg


シュタイナーによると、9歳はファンタジーから遠ざかり、
リアルなものに身を置きたくなる年齢だということのようです。

ファンタジーとリアルは共存できるものだということをだんだん感じていけば、
どちらも自由に行き来できるようになるんだろうね。




だからこそ、大事にしたいクリスマス。
[PR]
by cotomotoca | 2012-12-19 11:42 | ココロンバ
今日の気持ち・ココロ絵
b0129115_20122313.jpg


今週のココロンバ、一日ずれて今日やりました。
クリスマス準備をしていた先週の続きをやるつもりでしたが、
な〜んか、もっとHappyなことが起こりそうで・・・


「なにをしてもいいよ。」ってことで始めました。



上の絵はKaちゃん(小3)が描いたもの。

「何も描きたいものがないけど、絵の具で描いてみる。」と言いました。

「そうそう、何も描くものがないって時がチャンスなんだよ。」
「なんで?」
「だって、何かを描こうとするとこうならなきゃやだってなって、
こんなんじゃないって思うでしょ。でも、な〜んにも描く目的がなければ
描けたものをどうこう思わないじゃない。たとえ失敗したって汚くなったって。」
「うん、そうだね。」

そんな会話をしながら気持ちよく描いていました。



最後にこの絵を見て何に見えるかをみんなで話しました。
いきいきと話が出てきました。

そこにはそれぞれの世界感が現れます・・・それは心の風景。






b0129115_20124362.jpg


そして、モコさんはこんな絵を描いていました。

絵の具をにじませて出来た画面から
何かに見えるところを探しながら黒の絵の具で割り箸で描いていきます。

何かにしようというのではなく、
絵がそれになろうとしているのを見つけます。


そして、この絵も最後にみんなでシェア。

馬は幸せを運んでくるの・・・
王子様がお姫様と結婚するの・・・
白鳥は自然を作る妖精・・・
手を広げて空飛ぶ馬をつかもうとしてるの・・・
これはお城・・・

などなど、物語が生まれてきました。

出てきたモチーフ、みんなの解釈にモコさんもビックリです。






b0129115_20122944.jpg


最後にモールで形作りを残りの時間でしました。
来週はリースに出来るかな?
[PR]
by cotomotoca | 2012-12-12 20:28 | ココロンバ
クリスマスの準備・その1
b0129115_1638239.jpg


さて、今週から12月。
ココロンバでもクリスマスの準備をすることにしました。

まずは新聞をネジネジして棒状にします。
これを3本ずつ。

このあと針金で束ねていって、輪っかにしました。



b0129115_16383522.jpg


そして、紙粘土でオーナメント作り。

Uiちゃんのアイデアでビーズを埋め込んでいます。



b0129115_16383963.jpg


「モールでは一文字書きのものが作れるよ。」ということで・・・

「星印は何本の辺で出来ている?」
「ん〜・・と5本!」

「じゃあ、紙にまず星を書いてみよう!」
「書き方わかんな〜い。」とKaちゃんがいうとUiちゃんが教えてあげてました。


それができたら、モールの5分の1のところでまず折ります。
「5分の1って、どれくら〜い?わかんな〜い!」

「目で測ってみるんだよ。大体でも大丈夫。」



「あ!わかった!できた!」

そうそう、星が出来たね!


b0129115_16384351.jpg



でも、ちょっとむずかしい・・・
うまくいかないと機嫌が悪くなってしまったUiちゃん・・・

「私は絵が描きたいのに〜!」と・・・

(まあまあ、たまにはモコさんの提案のものをやってみようよ。)



b0129115_1638473.jpg


今週はここまで。

さて、どんな風になるかな?
[PR]
by cotomotoca | 2012-12-05 16:48 | ココロンバ
『バーバー・パパ』遊び
b0129115_9475165.jpg


今週のココロンバ、
Uiちゃんはずっと続けてる紙粘土動物たちの『ツリーハウス』を描くと言いました。
Kaちゃんは「なんか今日は違うことやりたい。」と言いました。

「いいよ、違うこと、やりたいことある?」
「ある!」と言って、考えてきた下書きを見て描きはじめました。

「見ちゃダメ!」と言うので何を描いたのか見てませんが・・・


でも、どうも乗り気じゃなさそうなので・・・
モコさんは折り紙でゼリービーンズのような形を切り抜いていると・・・



b0129115_9482657.jpg


「なにそれ〜!かわいい〜!」と二人ともテンションが上がりました。


Uiちゃんは「これクジラみたい。」と言って・・・
Kaちゃんは「鳥みた〜い!」と言って・・・




b0129115_9481837.jpg


どんどんアイデアが生まれてくるようです。


Uiちゃんは「でも、わたしはこっちやる〜!」と言って、
ツリーハウスのつづきをやっていましたけど。

「今度やりたい。」だそうです。^^


Kaちゃんは着々と貼っていましたが、
まだ途中だそうなので、ご紹介はまた今度〜。
[PR]
by cotomotoca | 2012-11-21 09:57 | ココロンバ
絵でなら話せるね
b0129115_16272730.jpg


今週のココロンバ、
またしても子ども達は紙粘土動物たちのお部屋を描いていました。

先週からのひきつづきで、ひとりひとりの住んでいるお部屋。


「この家にはキッチンがないの。成ってる実を食べてるから。」
ぶどうやサクランボが実っています。
「外にはキャベツ畑もあるよ。」


「このインターフォンを押せば中の人と話せるよ。」
重々しいドアが印象的・・・
秘密基地には『開けちゃダメ』と書いた扉が。


などなど、『料理をしない』ことや、
『扉』などその子特有の感覚が現れます。
(料理=いろんなもの合わせて好みの味にまとめる)
(扉=コミュニケーション)



ダレてきたら、楽器が一番!

音を出すことってシフトチェンジにすごくいいね!
シフトチェンジってものすごく大事だと思うよ。
ひらめきはそこからやってくる!

モコさんがジャンベを叩いてたら、
「それはやめて。」って言われたけど・・・。






b0129115_16272036.jpg


最後にこんなワークを。

喜び、悲しみ、怒りの色を選んで好きな場所に好きな大きさに塗ります。
あとは付け加えたい色や形があれば描き足します。

この絵はものすごくたくさんのことを話してくれていますよ。

でも、それは内緒^^。
[PR]
by cotomotoca | 2012-11-14 16:51 | ココロンバ
お部屋の絵には心が住んでいます
b0129115_10214139.jpg


今週のココロンバ、ふたりとも『部屋を描きたい』といって始めました。

このおふたり、ずーーっと紙粘土で作った動物たちの世界作りを続けています。
ずーーっとです。
他のことをやってみても、やりたいのはこれに決まっていて、
時間があまればこれをやりたいというほど、ずーーっとです。




b0129115_10215227.jpg


そこにはずーーっとおんなじテーマがあるのです。

その世界を求める理由があるからです。




b0129115_10214386.jpg


なんどもなんども描いて、遊べばいいのです。

そうやって少しずつ心を満たしていくのだと思います。





b0129115_10214514.jpg


心が安心するように、
そしてメッセージが伝わるように。


繊細で敏感なきれいな心を持つ子供たちは、
美しいが故にもろく、何倍もの愛情を必要としています。

それは愛のエネルギーがこの世を作っていることを知っているかのよう。

そして、それを教えているのだと思います。



【モコノート】
モコさんとしては子ども達が絵を通して送ってくるメッセージについて
子供たちと会話をすることはしていません。

何かを肯定したり、否定したり、判断をしたりはしないことにしています。
そして、そのメッセージに対する同調や協調もしません。
エネルギーを受け取るだけです。

どうしてもお子さんのことで聞きたいこと、相談があれば
親御さんにもアートセラピーを受けていただくことを条件に
お話しさせてもらう機会を設けていますのでご相談ください。
[PR]
by cotomotoca | 2012-11-07 10:34 | ココロンバ
『これやだ』を『いいかも』に
b0129115_11335752.jpg
Kaちゃん(小3)

「もう、なんかへん!これ、やだ。もうやりたくない。」
そう言って茶色のクレヨンをのせたところでやめちゃった。

「いいよ、やだったらやめていいよ。」

「じゃぁ、モコさんがこれで遊んじゃってもいい?」って聞くと、
「え〜、やだ〜。」というので、別の紙で遊んでみた。



b0129115_1134036.jpg


英字新聞があったので「これを使うとけっこう面白いよ。」ってお薦めしたけど、
子ども達には「新聞紙、エ〜!」だったので、
「じゃあ、モコさんが使ってみるね。」と言って始めたもの。

だんだんゾウの感じがしてきて子ども達も興味を示しはじめた。

「モコさん、これにもやっていいよ。」とKaちゃんがいうので、
茶色のクレヨンをのせたあとのネズミさんに英字新聞を張ってみた。

「なんか、いい!」とKaちゃん、
「この途中までしか張んないのがいいかもね?」とモコさんが言うと、
「これでいい。」とちょっと満足げ。







b0129115_11334591.jpg
Uiちゃん(小3)

Uiちゃんは先々週に描いてたんだけど、
「もう、いい。」と言ってどうでもよくなっちゃってたリスさん。

「ねえ、Kaちゃんはネズミだから新聞紙がピッタリだったけど、
Uiちゃんのリスはこんなのどう?」と千代紙を見せると、
「それ、かわいい。」となって張ってみた。




b0129115_1134230.jpg


その時、「モコさんも一緒に描いて。」と言うので隣でやったヤマアラシ。

「本物の色じゃなくっても面白いよ。想像の色を塗るのもね。」
そういったんだけど、「そんなのできない。」と・・・

ヤマアラシが出来上がってくると、
「うわ〜!モコさんのきれい!」ってキラキラさせて言ってくれました。


モコさんの描いたものを見せると、
それがお手本だと思ってしまうから本当は嫌なのだけど、
たまには刺激になっていいかな?と今回はちょっと出過ぎてみました。



b0129115_1134799.jpg


この図鑑のイラストを見て線書きし、
マジックでなぞってから色付けしました。

画用紙いっぱいに動物を描こうってのがねらい。
(たまには意図を持ってみようかと)


まあ、しかし、
ふたりともそれにしっかりと反発してきましたよ〜!


b0129115_11335754.jpg
Kaちゃん(小3)

四つ切りのが用紙にちっちゃいお花をた〜くさん描いていました。
(小さく描いて何か悪いの?っていうKaちゃんの心の声が聞こえます。)




b0129115_11341182.jpg
Uiちゃん(小3)

またしても小さな紙粘土動物たちのお部屋を描きました。(こちらは八つ切り)
(小さくっていいでしょ!っていうUiちゃんの心の声が聞こえます。)



いんです、いいんです。
なんにも正解はないし、間違いもないんです。






先週、外で風景をスケッチしてきた絵は
ふたりともつづきはどうも気が乗らないようで・・・
まあ、そんな気持ちもありだね〜。
また今度。
[PR]
by cotomotoca | 2012-10-24 11:53 | ココロンバ
ソト・ココロンバ
b0129115_1151659.jpg


今週のココロンバ、Uiちゃんの提案で外の景色を描くことに。

夕日が沈みそうなので、時間はあんまりありません。
ささっとスケッチだけしてアトリエに戻りました。


「ココロのカメラでちゃんと撮っておくんだよ。」
「葉っぱだから緑、空だから水色ってしないで、色を感じて帰るよ〜。」



b0129115_11505495.jpg

Kaちゃんの見ていた風景。




b0129115_11511273.jpg

Uiちゃんの見ていた風景。





b0129115_11512031.jpg
Kaちゃんは絵の具で。



b0129115_11512211.jpg
Uiちゃんは色鉛筆で。



それぞれ、仕上がりが楽しみ!
じっくりと絵を描く楽しさがわかってくる頃なんですね。
[PR]
by cotomotoca | 2012-10-18 11:57 | ココロンバ
私のプラネット
b0129115_10414184.jpg


今週のココロンバ、ヨガのワークから始めてみました。
まずは第1チャクラについて、大地のエネルギーを吸い込む場所だとお話しして、
そのチャクラを整える『橋のポーズ』をやりました。
呼吸と共に動くと、たった一つのポーズでもずいぶんとすっきりしますね〜。

今度チャクラの蓮の話もしてみよう。
それぞれの蓮の花の絵を描くといいね!


と、そんなことをして今日は「何をやる?」って聞いたら、
「これ、やりたい!」と
先週のイマアルで描いた私のマンダラの絵と同じことやりたいと言う。

「じゃあ、やってみよう。」

子ども達には瞑想の誘導は入っていかないので、
ただ描くワークとしてやってみました。


絵の具のにじんでいく様子を楽しんでる子ども達。
思っているのとちがくなっていく様子に戸惑いもありながら・・・

はじめに描いた円を超えて色をのせていくことが大事なことを
子ども達に話しましたが、
円の中だけに世界を捉えがち・・・
自分で枠を作ってしまうんですね・・・
枠を超えると世界は大きく広がるということも話しました。


円で切り取り、色紙に貼って、中心から広がる線を描き入れました。
「線がない方がよかった〜。」
そうそう、なぜだかそう感じるんだよね〜。
でも、そこが大事なんだ〜。
自分でその世界を把握することがね。

すごくいい作品になりました!
みんなの許可をもらったので、ここに紹介しますね。



b0129115_10571399.jpg
Kaちゃん(小3)

「丸じゃなくてもいい?」と聞くので、「もちろんいいよ〜。」と
すると、ハートになりました!
オパールのようだね!

中心から書き入れた線が気に入らないって言ってたKaちゃん、
「モコさんにはその線が宝石の自然に入ったヒビみたいに見えて
とってもいい感じだよ。」と伝えると、しっくりときたようでした。

なんて奥の深い、豊かであったかい世界だろう!
素敵だよ!





b0129115_113211.jpg
Uiちゃん(小3)

夜空にぽっかりと浮かぶお月様みたい。
童話の世界のようなやわらかい世界だね。

ゆったりと時間が流れているような
ほのぼのとしたUiちゃんの世界だね。

明るくやわらかい夜の世界、銀河鉄道でたどり着いた自分だけの惑星。
[PR]
by cotomotoca | 2012-09-26 11:07 | ココロンバ



All as Art『マナを満たし、マナと繋がり、マナとなる』
by cotomotoca


『私の森の情景』

陶芸家として思うこと



『器と暮らし』
2007~2008

東京時代のブログ




『ささやかなもの』
2006年

小さなアトリエからの物語



Tomoko Uchiyama | 


Wonderful Dogs
coto moto caは犬の保護活動を
応援しています。


カテゴリ
お知らせ
日々
風景
アトリエ
coto moto ca 時間
Welcome OPEN DAY
coto moto ca ごはん
出会い
お気に入り
発酵

散歩
陶作品
季節
子ども
お店・mono coto
犬の事
ココロンバ
ココロ絵日記
アートセラピー
陶芸教室
おもうこと
AWASU ライフサークル
アトピー
妖精たちとの暮らし方
ランチ&かっさ
にじみ絵
かっさのこと
MANA ART
nymphish
『いろあそび』
感謝市
外部リンク
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
FALL
明月記
Change by Gr...
おいしい野菜のぶろぐ
51farm
「アートな毎日」森すみれ...
ココロとカラダは大事な相...
検索
その他のジャンル