<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2009/11月のランチ
b0129115_9445856.jpg

<カボチャのポタージュと季節野菜のラタトゥイユ>

10月末のオーパヴィラージュの料理教室のメニューを
バター、牛乳、肉なしでcotomotoca風に作ってみました。
カボチャは頭の尖った九重カボチャを使いました。
中は黄色くてホクホクのおいしいカボチャです。
玉ねぎをスジのきれる方で千切りしてオリーブオイルでソテーし、
塩、こしょう、ローレル、すこしの水を入れてカボチャが煮えるまで煮ます。
それをミキサーにかけて豆乳を加えるだけ。
カボチャがおいしいのですごいコクです。

ラタトゥイユはオーパのレシピで蓮根、ゴボウが入っていたのが
すごくおいしくって驚きました。
なので今回もかかさずに。
他に、しめじ、玉ねぎ、パプリカ(オレンジ、黄)、なすを入れました。
本当はワインでしっかり煮詰めますが、お水で・・・ローリエとオレガノ、バジルを入れて。
別にアーリオオーリオでホールトマト缶を煮詰めて煮えた野菜にあわせます。
ナンプラーが隠し味なのはcotomotoca風。
キヌアとターメリックを入れて炊いた玄米を添えて。

b0129115_100289.jpg

<キャベツとコーンの豆乳シチューとじゃがいも納豆おやき>

玉ねぎ、キャベツでしっかりとダシが出てくれます。
キャベツがおいしい季節ならではですね。
玉ねぎ、しめじを炒めて、水、塩、こしょうだけ。
キャベツとコーン、小麦粉を溶いた豆乳を加えてとろみをつけて出来上がり。
十分おいしいのですよ。

おやきはワケギと椎茸を炒めて、醤油で味付け、納豆も炒めます。
マッシュしたじゃがいもと小麦粉を少々、
合わせて、手でまとめて焼きます。
納豆はチーズのような味わいに。
ワケギのみじん切り、醤油、からし、酢で作ったタレをかけて。
添えたのはブロッコリーと菜の花のマスタード和え、
季節じゃない菜の花はやっぱりいまいちでした・・・。

b0129115_20402148.jpg

<冬のベジタブルカリーとおさつアップルジンジャー>

根菜ゴロゴロのカリーです。
里芋、蓮根はカリーに合います。
いつもながらのスパイス、
ニンニク、鷹の爪、生姜、クミン、ターメリック、クローブ、
シナモン、ナツメグ、カルダモン。
エリンギはコク出しにかかせません。
カボチャで甘みを、ほんの少しのトマトで酸味づけ。
豆乳を入れてまったりと冬カリーに。
里芋のぬるみがいい具合です。
カブはソテーして焦げ目をつけてから合わせました。

おさつアップルジンジャーはその名のまんま。
少しの水、塩とてん菜糖ででさつま芋を煮て、
今回いろんなお芋をいただいたので、紫芋、安納芋、紅東と色とりどりに。
煮えたら発酵生姜、リンゴを入れて一煮立ち。
仕上げにシナモンを入れます。
発酵生姜についてはこちらで。


第4週は<ポトフとブロッコリーベジバーグ>でしたが、
娘がインフルエンザにかかってしまった為、
この週はまるまるお休みしてしまいました。
予約をくださった方々には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。
このメニューは12月の第1週に持ち越すことにしました。


では、12月のメニューです。

・(12/2〜5) ポトフとブロッコリーベジバーグ

・(12/9〜12) カボチャと小豆のスープと豆腐の野菜あんかけ

・(12/16〜19) カブの白雪スーラータンとニラのチヂミ風

・(12/24〜26) ミネストローネとブロッコリーのマスタードソテー


年内は26日(土)迄となります。
皆様のご予約お待ちしております。
(前々日の17時迄に予約してください。)
[PR]
by cotomotoca | 2009-11-28 20:55 | coto moto ca ごはん
人と犬
b0129115_905322.jpg

いつもの風景、ストーブ前での陣取り合戦・・・
こんなふうに寄り添っているのを見るのはなんとも微笑ましい。

b0129115_2144081.jpg

眠る娘の横にも添い寝の姿。

家族として人と共に生きる犬たち。
人間と同じように心を持つ彼ら。


でも、世の中には・・・
人の勝手で捨てられる犬たち。
そんな彼らの心の痛みは計り知れない。

あまりにも悲惨な現実、
本当の現実を私たちは知らないでいる。
ブリーダーのもとで商売道具としてもののように扱われ、
用がなくなれば捨てられる犬たち。
保健所に収容された犬やネコ。
飼い主自らそこへ持ち込む事もある。
それは目を覆ってはならない現実。

保健所から救い出そうとできる限りの事をしている人がいることを知った。
どんなに努力をしても止まらない現実・・・
手の施しようのない現実に立ち向かっている人たちに頭が下がります。
ちばわん愛護センターのブログ



そして、さらに衝撃的な事実を知った。
あまりのショックで未だ立ち直れてない感じですが、
多くの人がその現実を知るべきだろうと思ってここに書きました。

実は一度この記事を書いたのですが、
読んでくれた人に不快な思いをさせるのはどうなんだろうと、
アップ直後に削除しました。

でもやはり、この現実に目を背けてはいけないと思って再び書きました。
「これを見てそれでもあなたは毛皮を着れますか?」
内容は相当にショックなものです。
毛皮産業の実態・・・どうか目を背けないで見てください。


[PR]
by cotomotoca | 2009-11-22 21:38 | 犬の事
流木と植物で
b0129115_16293713.jpg

昨日はとってもいい天気!
朝から大工仕事にやる気を出し、まずはロクロ用の台を作り、
物置に棚を作ったりと不思議と久々に重い腰があがり、
着々と作業がはかどりました。

b0129115_16364921.jpg

b0129115_1637225.jpg
そして、
先日海で見つけた流木に、
これまた道で見つけた多肉系の植物を植え込んで
「これどう飾ろう?」
これまた着々と拾い集めていた流木を使って
「よし棚を作ろう!」

どうにかこうにか
試行錯誤の結果、
なんとか棚が仕上がりました。
coto moto ca入り口を飾っています。



そして、その流木に植え込んだものと同じ植物を
小鉢に植えて、焼き割れの入ったお皿にのせて。
気に入らなかった器や焼きで割れてしまったもの、
そういうポシャるものを再利用したグリーンのセットです。
これと同じようなものを先日のPortulacaのイベントで販売しましたが、
オープン直後にさくさくっとお買い上げいただきました。
今回もアトリエで¥2,500で販売しております。
b0129115_1647159.jpg


昨日は夕方の散歩で実を付けた植物を見つけていました。
「わっ、サンキライ!やった〜嬉しい!」
蔓でからまってるので採るのは大変ですけど、
大好きな植物!
花屋で買うと結構します。
実のものを見かけるようになるとクリスマスの気分です。
まだ早いですね・・・
b0129115_16534998.jpg

b0129115_1656588.jpg
[PR]
by cotomotoca | 2009-11-11 17:00 | アトリエ
生姜を使って+発酵もの
b0129115_1433327.jpg

「新生姜なんだけど、取る時期が遅くなっちゃったけど・・・」
と言ってたくさん持って来てくださった。
「うわ〜!すごくうれしい!!」
この時期にはかかせない我が家の必需品、<生姜の甜菜糖漬け>を作る。
生姜のシロップのままでもおいしんだけど、
発酵するとジンジャーエールになります。
体にもいいだろうと思って去年発酵させてみた。
そのまま常温においておけば勝手に発酵するんだけど、
多少カビが生えたりってことがあるのでそうなると風味が落ちる。
なので、去年つけたものの残りがあったので種として使った。
3日後くらいにはシュワシュワ〜ッてなるかな?
「ママ、これシュワシュワ〜ッってするね!」って、
うちの娘もこれが好きで、寒くなればもっぱらこれ。
お水で割って飲みます。
風邪引きませんよ〜。

b0129115_14115822.jpg

それと最近、ひとりごはんとなるとこれ。
<生姜の梅酢漬け>
ごはんがいくらでも食べれてしまします!
写真のごはんにのってるのは、<紫蘇の実味噌>。
勝手に生えてくれる青じそが実を付けたので採集。
油で炒めてから味噌、みりん、てん菜糖でからめ、エゴマも入れました。
この組み合わせで何度も食べてます・・・ひとりごはんの定番。

b0129115_1419775.jpg

それと、先日作った<ジンジャーシナモンビスコッティー>。
去年の<生姜の甜菜糖漬け>の発酵ジンジャーをいっぱい入れてます。
発酵ジンジャー、そのままでは甘みがないのですが、
(糖分は発酵してたぶんアルコールになってる)
洋酒漬けのようないい香り!
シナモンもきいてて大人の味。
八つ橋と生姜おこしを一緒に食べてるみたいな味です。
ちなみに写真のは茶色いのがジンジャーシナモンビスコッティー、
黒っぽいのはココアレーズンバーで、
緑のはヨモギヒマワリバーです。


発酵と言えば、
去年のこの時期に熟した柿をいっぱいいただいて、
パン種として発酵させてパンを焼きましたが、
そのまま冷蔵庫の奥で眠らせてたらお酒になってました。
日本酒のような風味です。低温熟成ですね。

それと、7月に作った紫蘇ジュースがやはり発酵して、
こちらはワインのようになってました。
そんなにはおいしくないけど・・・。

発酵、楽しいです。
酵素、作りたいなぁ。
[PR]
by cotomotoca | 2009-11-06 14:30 | 発酵
おらがごっつお『海のおやき』
b0129115_16432893.jpg

11月2日、おらがごっつお第3回レシピの実習会と撮影がありました。
館山市保健推進協議会の郷土料理紹介の企画です。
光栄な事に撮影の為に私の器を使ってくださり、立ち会いました。
第2回の様子はこちら

今回は『海のおやき』と『伊勢エビ汁』。

『海のおやき』は焼きおにぎりのようなもの。
ごはんにじゃこ、ひじき、チーズ、胡麻を入れてまるめ、フライパンで焼きます。
仕上げに醤油をまわしてジュジューッと焦げるにおいが食欲をそそります。
大葉をしいて、里見八犬伝の珠に見立てて、
<仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌>の旗を立てるそうです。
「うちんとこの兄弟はみんなこの字がそれぞれ入ってんだよ。」
と調理してくれたおばあちゃんは言ってました。
ちゃんと里見八犬伝がこの地には根付いているものなのだなぁ。
本を読んでみなくちゃ。
小学生のとき薬師丸ひろ子の出てるやつの映画を見ただけで、
内容がまったくわかってない私です・・・お恥ずかしい。
このおやき、海苔を巻いて食べました。おいしい!
いくらでも食べれちゃいます。子供も喜ぶ味です。

b0129115_170496.jpg

そして、『伊勢エビ汁』すごい大きな伊勢エビでなんとも豪華です!
漁業権のある方はいいなぁ。
海の恵みを受けられるのは本当にうらやましいです。
エビの甘さが広がるいいお出汁のきいたお味噌汁でした。

今回もごちそうさまでした〜!
[PR]
by cotomotoca | 2009-11-05 17:03 | お知らせ
ストーブに火を入れる
b0129115_22491733.jpg

今日は突然に冬がやって来た。
あわてて灯油を買いに行き、ストーブを焚いた。
とうとう冬なのだなぁ。
犬たちはくっついてストーブの前に眠る・・・
写真の頭の向こうはストーブ。
娘と犬たちのストーブ前陣取り合戦が始まる。
まだそんなには寒くないでしょと思うんだけど。
火の前にいるのは落ち着くんだよね。

夕方、いつもの散歩道、
裏の田園地帯から見る海、
水平線にくっきりと利島、大島、伊豆半島が浮かぶ。
というよりは何もないと思っているところに陸が現れたよう。
これも冬ならではの風景。
夏の間はかすんでしまうので大島くらいしか見えないもの。

そして、今夜は月がものすごく明るい。
いつもは真っ暗な我が家の前にも影が落ちている。
月明かりで本が読めそうだ。

ちんちんとやかんが湯気を上げている。
一昨日の夜、暑くてキャミソールでいたのに・・・不思議。
[PR]
by cotomotoca | 2009-11-03 23:02 | 季節
ポーチュラカ村の秋まつり
b0129115_13471548.jpg


11月1日、朝からよく晴れた日曜日。
ちいさな雑貨店Portulacaで『ポーチュラカ村の秋まつり』という
マーケットが開かれた。
どこか異国を旅するとそこで小さなおまつりに出会ったかのような、
小さな出店が並んでいる。
天然酵母パンや、自家焙煎コーヒー、
タコライスや焼き菓子などなど、おいしいお店
古道具や手作りの雑貨などの楽しいお店。
coto moto caも出店させていただきました。

b0129115_13521712.jpg

みなさんディスプレーも上手。
野外での展示になれない私は一番最後になってようやくスタンバイ・・・
そういえば、2007年の『工房からの風』でも最後までかかってたような・・・
バタバタで余裕がなくって他のみなさんのお店を全然見れなかったです。

b0129115_13571668.jpg

1Laca=10円という子供用の通貨をPortulacaさんが作って、
子供たちを楽しませてくれました。
そういうセンスには感心させられます。
うちの子にも10枚綴りのLacaを持たせて自由に買い物させてやりました。
「これで好きなものを買っていいよ。」という体験は初めてだと思います。
あちこちとお店をまわり娘なりにお気に入りの品々を買い集めていました。
そして、お店番を頼むと怖じける事なく接客もしてました。
娘が作ったLaka用の小物が売れるととても嬉しそうで、
いい体験ができました。

b0129115_142991.jpg

棒の先にはふってもふっても飛び立たないトンボ。
山羊と子牛と焚き火。
枝を拾ってマシュマロをくっつけて焼いて食べます。
ポーチュラカ村は自然がいっぱい。
子供たちは一日中、自由に遊びを見つけて過ごしていました。

よく晴れた強い日差しの秋の午後、
ひと人が集まり、バンドネオンの音が和みの時を生む。
おいしいものと楽しいもの、子供たちの騒ぐ声、大根の葉っぱ、
うめ〜と泣くのはまだ小さいジャージー牛の子供・・・
徐々に日は傾き、パラパラと落ちてきた雨でお店をたたみ始める・・・
ポーチュラカ村の秋まつり、
そこへ訪れた人はみんなキラキラとしていました。
[PR]
by cotomotoca | 2009-11-02 14:09 | お知らせ
ポーチュラカのイベントに参加します
b0129115_2092253.jpgポーチュラカ村の秋まつり

11月1日(日曜日) 11時〜16時 ・ 雨天中止
Portulaca (ポーチュラカ) 
千葉県館山市安東412−2 

*地図などの詳細は→こちらで

のどかな場所にある小さな小さな雑貨店、
Portulacaのまわりで手作り市が開かれます。
どこか異国の小さな村に訪れたような、
『ポーチュラカ村の秋まつり』に出店します。

手作り雑貨・古道具・陶器・
布小物・自然農法野菜・
天然酵母パン・自家焙煎コーヒーetc・・
[PR]
by cotomotoca | 2009-11-01 20:07 | お知らせ



All as Art『マナを満たし、マナと繋がり、マナとなる』
by cotomotoca


『私の森の情景』

陶芸家として思うこと



『器と暮らし』
2007~2008

東京時代のブログ




『ささやかなもの』
2006年

小さなアトリエからの物語



Tomoko Uchiyama | 


Wonderful Dogs
coto moto caは犬の保護活動を
応援しています。


カテゴリ
お知らせ
日々
風景
アトリエ
coto moto ca 時間
Welcome OPEN DAY
coto moto ca ごはん
出会い
お気に入り
発酵

散歩
陶作品
季節
子ども
お店・mono coto
犬の事
ココロンバ
ココロ絵日記
アートセラピー
陶芸教室
おもうこと
AWASU ライフサークル
アトピー
妖精たちとの暮らし方
ランチ&かっさ
にじみ絵
かっさのこと
MANA ART
nymphish
『いろあそび』
感謝市
外部リンク
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
FALL
明月記
Change by Gr...
おいしい野菜のぶろぐ
51farm
「アートな毎日」森すみれ...
ココロとカラダは大事な相...
検索
その他のジャンル