<   2010年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ギャラリーcafe日向堂での展示
b0129115_14143382.jpg


2/28(日)〜3/6(土)
東京祐天寺のギャラリーcafe日向堂にて展示をします。

open 12:00~18:00

東京都目黒区祐天寺2-3-3-101
tel/ 03-3713-8167


そして、28日(日)には演奏会をしていただく事になりました!
大内由美子さんの心にしみいるアコーディオンの音色に魅せられ
お願いしましたら心良くお受けしてくださいました。
なんと、ヴァイオリンの専光秀紀さん、深澤彩さんのお二人も参加してくださり、
残念ながら案内状でお知らせしていた森川拓哉さんは
スケジュールの関係で今回ご参加いただけなくなってしましましたが、
とっても贅沢なメンバーでの演奏会となりました。

アコーディオンとヴァイオリンの奏でる
不思議と懐かしいハーモニー、
その奥深い叙情を是非ともご一緒にご堪能ください!

オープニングライブ
2/28(日)18:00〜
¥2,000(ワンドリンク付き)

一時間半ほど演奏してくださいます。
乞うご期待!
予約はいりませんが、ご連絡くださいますと助かります。
こちらのコメント欄、メールでも受け付けております。


b0129115_14184256.jpg


『草日和』と題して、草植えの陶や葉っぱのお皿を展示します。

b0129115_1421631.jpg


放置され朽ちた何かに勝手に草が生えたようなイメージで作りました。

b0129115_14212876.jpg



食器としての器ももちろんあります。
今回の蓮皿は好みの色合いに仕上がりました。

b0129115_14251156.jpg


定番葉皿は淡い色合いのも作ってみました。

b0129115_14261725.jpg


他の葉皿や定番の水皿も持っていきますよ。

私も会期中は日向堂でお待しています。
時間によっては不在になる事もあるかもしれませんので、
ご予定をお知らせいただければ合わせてお待ち致します。
皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

どうぞよろしくお願い致します。

内山朋子
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-27 14:45 | お知らせ
2010/2月のランチ
b0129115_2213449.jpg

<ザワークラウト風スープと里芋のドゥミグラス風>
キャベツが甘くなって美味しい季節。
シンプルなスープで美味しくいただけます。
千切りしたキャベツ、玉ねぎ、ローレル、キャラウェイ、塩、胡椒で
水で煮ただけ。
キャベツから美味しいダシが出てくれます。

里芋はちょっと時期が外れて、今回のはセレベスで。
玉ねぎ、しめじを炒めて、ホールトマト、ローレル、クローブ、塩を入れて煮ます。
里芋を入れてやわらかくなったら、ココアパウダーを入れます。
ココアの苦みでドゥミグラスソースのような味になってくれるのです。
しっかり濃厚なお味。
キヌアライスを添えました。


b0129115_22205844.jpg

<じゃがいものポタージュとキノコのベジバーグ>
新ジャガが出回りだしました。
皮は苦みが強いので剥きました。
玉ねぎをソテーしてからじゃがいも、ローレル、塩、胡椒を入れて
少しの水で煮ます。
あら熱がとれたらミキサーで。
豆乳でほどよくのばして出来上がり。
おじゃががモッチモチになって面白いポタージュでした。

キノコはいろいろと使って、
しめじ、舞茸、椎茸、えのき茸をみじん切りに、
玉ねぎのみじん切りと炒めておきます。
麩を砕いたのと、豆腐、ピーナッツ粉、味噌、小麦粉を加えて
ひとつずつまとめて焼きます。
こんがり焦げ目が付いた方が美味しいです。


b0129115_22284931.jpg

<白菜と梅干しのスープとニラの大根餅>
白菜は千倉のEM農法で作られたものを買ってきました。
虫除けにも酢唐酎を使っていて安心。
それでも虫くんたちが葉の間から顔を出しました。
ますます安心。
でも、スーパーのものよりも安く売られているのですよ。
嬉しいです。
白菜の芯を下に敷いて、塩コブ、梅干しの刻んだの、
そして葉っぱの部分を重ねます。
ゆっくり火を通して水を出していき、でも少しだけ水も加えました。
梅干しとの相性はバッチリです!

大根餅はナンチャッテの作り方。
大根をおろし、だんご粉、塩、刻んだニラを加えて
丸くまとめて焼きます。
タレにはネギ、生姜、醤油、酢、ラー油を合わせて。
ブロッコリーのごま和えを添えました。


b0129115_22373116.jpg

<ほうれん草のカリーと野菜のタンドリー風ソテー>
ほうれん草はしっかり味がしておいしい季節になりました。
不思議とアクも少ない気がします。
玉ねぎをよくソテーして、ニンニク、ショウガ、鷹の爪、ターメリック、クミン、
水を加えレンズ豆も少々入れました。
ほうれん草を茹でて合わせてミキサーにかけて出来上がり。

ブロッコリー、カリフラワー、人参は下茹でして。
豆腐に玉ねぎ、ニンニク、リンゴをすりおろし、
マスタード、カレー粉、塩、を合わせ
茹でた野菜とエリンギを漬けておきます。
あとはオリーブオイルでソテーして出来上がり。
タンドリーのようなヨーグルトにつけたような風味になってくれました。
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-26 22:12 | coto moto ca ごはん
アスペルガー症候群について思う事
先日の『発達障害について』のブログ以来、
たくさんの方がコメント、メールやお手紙などを寄せてくださいました。

皆様が娘の事、私の事をご心配くださり、
その温かいお言葉に励まされ、涙があふれ、
こうして手を差し伸べてくださる方がこんなにいるとは
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

「器と暮らし」というブログのタイトルからは
ちょっと違った内容を載せてしまったなとは思いましたが、
私自身のアスペルガー症候群というものに対する考えをお伝えしてなかった事で
今回皆様にはとてもご心配をおかけしてしまったと反省しています。

なので、ここでそれについてお話したいと思います。


以前、私に近しい間柄だった人とのやりとりの中から感じた事です。

彼は自分の生きづらさを感じながらも診断を受ける事はなく、
「なんでなんだ?」と苦しみ続けて人生を送っていました。
彼との関係の中で幾たびもの話し合いをしてきましたが、
その度につきあたる壁。
「なんで人はみんな事実をねじ曲げるんだ?」
その言葉で彼自身に起きている事がようやく私にもわかったのです。

その後、アスペルガー症候群というものを知る事になります。
それで彼のすべての行動に合点がいき、
そうと知っていればきっと違った生き方ができたのではないかと思っています。

彼を通じて私が知った中でアスペルガー症候群というものは
ツーと言えばカーというふうにはいかないというもの。
人の気持ちを察することが難しいのです。
そして、人とは違ったイメージでその時の状況を記憶します。
また、記憶の回路も違うような感じで覚えていない事が多かったり、
自分が言った事と他人が行った事をよく混同します。
時間の感覚が人とは違うのでとてもグズに見えます。
おそらく私達にとっては『必要がない』と処理できる事を
あれこれと緻密に考えている為に時間がかかっているように見えます。

この特性を知って過ごす事ができれば、
彼が受けていた多くの苦悩は解決できたと思います。

アスペルガー症候群、この障害はまるで外見からはわからないし、
深くつきあわないと気が付かないようなものです。
「なんだこいつ?」って思われて人々が離れていくのが一番の問題なのです。

なので、『アスペルガーであると知ること』が
本人にも社会にもとても重要です。
でも本当は、それを特別な事としなくても
うまくまわっていく世の中であるべきなのですが・・・。

アスペルガーだとわかる事によって、
その人の才能は開花されるだろうし、
アスペルガーの人達のその豊かな感性によって
社会にも広がりが生まれるだろうと思います。

ただ私が不安に思っているのは、
普通の子に対する教育と
アスペルガーの子に対する教育は同じにはいかないということ。
学業というよりしつけや教えにおいての事。
私が1つ感じている事は
「当然わかってるよね。」というのは通じないので、
すべてを話してあげる事が必要だということ。
これは一般の学級ではできないだろうと心配になります。

もしもその子がアスペルガーだとしたら
そうとわかってもらえる環境が必要だと感じています。

うちの娘がアスペルガーかどうかは私には判断できません。
でも娘は娘にもわからない「つらさ」があるように感じています。
それが何なのかゆっくりひも解いていけばいいかなと思っています。
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-24 16:41 | おもうこと
おらがごっつお『さんがのフキの葉包み焼き』
b0129115_1471841.jpg


今日は館山市の郷土料理『おらがごっつお』(我が家のご馳走)の
チラシ用の撮影のお手伝いに行ってきました。
私の器を使ってくださって、盛付けもさせて頂いてます。
今回で4回目です。
第3回の様子はこちら

『さんがのフキの葉包み焼き』は漁師料理のさんがを
まだ出たばかりのフキの葉に包んで網で焼いたものです。
この辺りで『さんが』とはアジをたたいたものを味噌や生姜で味付けしたもので、
九十九里の方とかではイワシを使って『なめろう』とよんでますね。
フキの葉がもう出ているとは思いませんでした。
小さなうちはこうして食べられるそうです。
フキの苦みが美味しさを引き立てます。
中のさんがは火が入ってなくてジューシーです。

今回の器、水に浮いたようできれいに撮れました。
フキノトウはご用意くださいました。素敵です!


b0129115_14172557.jpg

それともう一品。
『落花生の寒天ゼリー』です。
ちょっと塩もきいた甘くやわらかく似た落花生を
天草からちゃんと煮出した寒天でプルプルに固めています。
これは絶対館山のお土産に製品化するべきです!
すごくおいしい!
地元の人たちにはあたりまえのやわらかく煮た落花生。
私は館山へ来るまで食べたことがありませんでした。
絶対ウケますよ、これ。
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-22 14:24 | お知らせ
クリスタルチルドレン
b0129115_1341675.jpg


クリスタルチルドレン
この事を教えてくれたakaneちゃんに心から感謝します。


クリスタルチルドレンとインディゴチルドレンの事を読んで
涙が止まらなくなりました。
娘に、そして私に思いあたる事がいろいろとありました。

娘は友達に嫌な事をされても何も言わないそうです。
娘が言っていました。
でも、「何でそういう事するんだろ?」とひとり傷ついています。
私が「そんなのやりかえしちゃえばいいじゃない!言い返してやんなよ。」
と言っても、
「でも・・・・言えないよ。」と黙ってしまいます。
クラスの子の事をすごく見ているようで
「○○ちゃんはこんなにすごいんだよ〜。」とか
「○○ちゃんはすごく優しいの。」とか

でも、毎晩の夢の中ではその事にすごい抵抗があるようです。
「やめて〜ちがうの!」
「だからきいて〜!」と寝言を大声で繰り返します。
『何事も話して言い聞かようとする』と
クリスタルチルドレンの事が書かれています。
私に対してもいつでも「聞いて〜!お願いだから〜!」
とパニックになります。
パニックになった末に、結局何が言いたかったのかが
自分でわからなくなってしまうのだけど。

娘のイメージの色はピンクがかった肌色のような感じでいました。
これオパールの色なんですね。
クリスタルチルドレンのオーラの色だそうです。
妙に合点がいきました。


そして、私自身についてもそういえばと思うような事がありました。
インディゴチルドレン・・・
自分でそれだというのはちょっとおかしい気がしますが、
ほとんどすべてに当てはまるのです。
子供の頃は植物に触れる事でエネルギーを受けると信じ
気持ちを集中させ花と交信しようとしていました。
・・・ちょっとあやしいですよね。
でも、そうすると些細な事だけど予知する事がありました。

すっかり忘れていた感覚でした・・・・
むしろスピリチュアルな事を避けようとして生きてきた感じがします。
(興味はものすごいあるのですが・・・)

「ママは子供の時なにになりたかったの?」と娘に聞かれ、
「ママは魔法使いになりたかった。」と素直に答えている自分に
ビックリしたのを覚えています。

そして、思い出した水晶の存在。
ゴチャゴチャと箱の中で埋もれていた水晶のペンダント・・・
ゴメンね・・・とつぶやいたら涙が止まらなくなりました。
そして、すぐさま水道の水で洗い流しお日様の光りに当てました。

なぜだか私には疲れる存在の水晶・・・
そんなわけでしまい込んでいたのですが、
もう一度つきあってみようと思ったのでした。



このブログを書いたあとすぐに娘が起きました。
娘と犬たちがストーブの前に仲良く並んで座っている姿にふと、
「ママの所には不思議な子がやってくる。」って言ったら、
「お友達に言い聞かせたりするから?」って答えた・・・
今ブログに書いた内容を・・・なんで?
(ママはやっとわかってわかってくれたの?)と言わんばかりに。
そして続けた、
「(自分がね)○○ちゃんに何回も言って聞かせてあげたの。
そしたら○○ちゃんは普通の子みたいになったんだよ。」って・・・

その○○ちゃん、私が見る所この子はアスペルガーだなぁって思ってた子。
お友達をぶっちゃったり、怒ってさわぎになる事がしばしばあった子。
そういえば最近はそういう問題行動がないかも。

そして、聞いてみた。
「ママの色はなに色?」
最初は服の色とかを答えようとしてたけど、
「ちがうちがう、ママはなに色だと思う?」
「ん〜、水色。」
「水色?どんな?」って聞いたら、
「これが似てる。」っていったのが紙袋に印刷された色。
一番下の色。

b0129115_154088.jpg


お肉は嫌い、果物やジュースが大好き。
料理されたものは好きじゃなくて、
生のままかシンプルにそれだけを茹でただけとかの野菜が好き。
そうなんだね。
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-21 14:11 | 子ども
苦手な事


はじめて知らない所で知らない人たちがあつまっている所、
当然誰でも多少は苦手と思うものかもしれないけれど、
それが極度なのが娘。

1歳になる前、人との集まりに連れて行くと、
どんなにあやしてごまかそうと努力してもまるで泣き止まない。
「人見知りの時期だから。」
そう思って仕方がないや・・・
「ごめんね、今日は帰るは・・・。」と何もできずに家路に向かった。
チャージを払ったライブでも結局外で過ごす事も・・・。
その頃から人と会う事がすごく難しかった。

いつでも人見知りかと思うとそういうわけでもない。
少人数の場合だったり、
自分の家に集まってくる人にはむしろ喜んで、
上機嫌で自分の事をよく話す。
でも聞かれた事に答えるのはあんまり得意じゃなさそうな感じ。
まあ、子供ってそんなもんだねとは思うけど。

先週の芋煮会は20人以上、昨日の飲み会は40人、
同じ保育園のお友達が何人もいるのに、
ぐずって泣いて泣いてかゆがり、昨日は2時間以上もその状態・・・
楽しむために出かけたのに徒労・・・
「帰ろうか?」と聞くと「やだ〜!帰りたくない!」と怒りまくる。
3時間以上経ってようやく打ち解け始めて
1時間ほどは子供たちと一緒に大騒ぎできた。

深夜になっての帰宅になってしまったけど、
ここからが激務・・・上がったテンションは治まらず、
眠らない・・・
布団に入ったのが0時過ぎ、3時過ぎまで泣き通し、
トイレに行ったらバタッと寝てくれたけど、
5時過ぎにはまた泣きわめくこと1時間・・・
寝言でわめき、痒さで泣き、大声でわめきちらす・・・
でも私にはあやして泣き止ます余力はもうゼロ、
背中をさすってやることも無理な状態・・・
なんて母親だ・・・と思いながらも
布団の中で丸くなって耳を塞ぐしかなかった・・・。

娘にとって寝る事は一番の苦手。
眠くなればなるほど頭がフル回転になって、
いろんな場面を思い出すようでその事をしきりにしゃべる・・・
とにかくべらべらしゃべるので眠気に従う事ができない。
そうするとかゆみが出てきてますます眠れない。
精神科医だった知人に
「体重が20キロくらいあれば睡眠薬を出してあげれるけど。」
と言われた事があるけど、そんな薬を使うなんて・・・

娘はいつも朝日が昇り始めるとようやく深い眠りにつく。
でも、私は日が昇っちゃったら寝ていられないので布団を出る。
・・・今、私が一番欲しいもの、睡眠。
4月から小学校にちゃんと行けるか本当に心配。

一昨年の夏、その精神科医の知人が何気なく言ったもう1つの言葉、
「この子は大変な事になる前に早めに診てもらった方がいいよ。」
それが私の胸にはずっとひっかかってる・・・。

食事でもイライラを取り除いたり、
こわばったものをほぐしたりって事があるのを
中美恵さんのマクロビの本に書かれてて
自分自身についてはなるほど〜と思う事がいっぱいあった。
娘の食べ物のし好についてもよく調べてみよう。
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-21 10:36 | 子ども
正しい食事
b0129115_9595517.jpg


先日の『あとぴーあつまり』で「食」について話がいろいろ出て、
「ちょっともう一回ちゃんと見直そう。」と思い、
ようやく腰を入れてこの本を読みました。
(Nさん、ようやくでごめんなさい・・・)

「あ〜、なんて勘違いをしてたんだろ。」
とほとほと反省・・・。

私はずっと野菜はいくらでも食べていいものだと思っていました。
・・・違いました、多食はバランスを崩すものなのですね。

正しい量は主菜(ごはん)と副菜(おかず)は2:1の割合だそうです。

玄米菜食だからいいってもんじゃないってことに気が付きました。
よ〜く噛まなければむしろ胃腸に負担をかけ逆効果なのだと・・・。

私はずーっと愚かな食事をしてきました・・・。
今の若い子たちもみんな「ごはんは太るから。」とほとんど食べないですよね。

『それから、一日30品目を!』という
栄養士さんたちのそのキャッチフレーズも間違いだそうです。
『その季節の身近の所で採れるものを少量いただく』ことが大事なようです。

もっともっと正食について学ぶ必要がありそうです。
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-19 10:19 |
あとぴーあつまり@cotomotoca
b0129115_16191214.jpg


coto moto caでアトピーのお子さんをもつママたちで集まりました。
今までずっと同じアトピーに悩んでる人と話をしたいなぁって思ってました。
その思いは集まってくれたみんなも一緒。
「一品持ち寄りでお昼を食べながらにしようか〜。」と
賑やかな食卓を囲んでの雑談会です。
おいしかった〜。

皆さんそれぞれすごく勉強していて興味津々でいろんな話をしました。
食べ物の事、添加物や農薬の事、活性酸素・・・
知れば知るほど「世の中どうしてこんなものばかりになっちゃったんだろう?」と
悲しくなります。

「たまにストレスで悪いとわかっていながらもバリバリ食べちゃったりする・・・」
「わかるわかる!子供が寝てからこっそりだよね。」
「それってちょっと自虐的な感じでだよね〜。」
あ〜何で自分はこうなんだろ・・・って
みんなも思いながら同じように苦しんでるんだなぁって
ちょっと気が楽になったりして・・・。

はじめましての人同士もなんのへだたりもなく 会話は進み、
みんな話したい聞きたい事が湯水のように溢れ出て、
夕方までしゃべってたけど「時間が足りな〜い。またやろうね!」と
おひらきにしました。

毎月定例にしてもいいね。
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-18 16:39 | アトピー
芋煮会
b0129115_2329872.jpg


ご近所の田舎暮らし体験施設『ZENさんのふるさとラボ』での
芋煮会に呼んでいただきました。

大きな鉄鍋にいっぱいのお汁。
薪を焼べてお鍋がグラグラ・・・
地元の人、移住の人合わせて
老若男女20人以上集まり賑やかな会でした。

『ZENさんのふるさとラボ』は
かまどでごはんを自分たちで炊いて食べてねというスタイルの貸別荘。
五右衛門風呂もあります。
かまどもお風呂もZENさんが自分で作ったのですよ。
いつもなにやら作業をしている姿をみかけます。
古いものがお好きでいろんな古民具がいっぱいです。
行くたんびにどんどんいろんなものが増えています。

囲炉裏端で人々が集うのはいいですね!
来月は餅つきだそうでこちらも楽しみです!
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-14 23:44 | 出会い
はなまるごはん
b0129115_1917221.jpg


食べて「うれし〜。」って思うって贅沢。

2時間前まで畑に植わっていたレタス、ホウレンソウ。
「持ってく?」って犬の散歩をしてたら引っこ抜いてくださった。
スーパーの袋から溢れるほど・・・
本当に感謝です!

レタスは塩、こしょう、ごま油をかけていただくのが一番好き。
娘も「おいし〜ね〜。」ってモリモリと。
館山で暮らすようになっておいしいなぁって思うようになった野菜の1つ。

ほうれん草はどっさり(東京で売ってるのの一束くらい)ごま和えに、
一昨日煮たひじき、昨日の残りの塩鮭、
大根も先日いただいたのをコンニャクとちくわ、ホタテ、エビとでおでん風煮、
納豆とはと麦入り玄米。
草食なのですごい量食べます・・・。

鮭・エビはアトピーにはNG、
レタスは火を通さないと体を冷やすので良くないようですが・・・
はと麦はアトピーにはお薬になります。

歩ける範囲で採れたものを食す事が体にとって一番いいものだそうです。

まずまず今晩はまなるです。

*訂正です。
全然『はなまる』なんかじゃない事に気が付きました・・・
お恥ずかしい事です。

2/19の記事で訂正してます。

こちらです。
[PR]
by cotomotoca | 2010-02-14 19:46 |



All as Art『マナを満たし、マナと繋がり、マナとなる』
by cotomotoca


『私の森の情景』

陶芸家として思うこと



『器と暮らし』
2007~2008

東京時代のブログ




『ささやかなもの』
2006年

小さなアトリエからの物語



Tomoko Uchiyama | 


Wonderful Dogs
coto moto caは犬の保護活動を
応援しています。


カテゴリ
お知らせ
日々
風景
アトリエ
coto moto ca 時間
Welcome OPEN DAY
coto moto ca ごはん
出会い
お気に入り
発酵

散歩
陶作品
季節
子ども
お店・mono coto
犬の事
ココロンバ
ココロ絵日記
アートセラピー
陶芸教室
おもうこと
AWASU ライフサークル
アトピー
妖精たちとの暮らし方
ランチ&かっさ
にじみ絵
かっさのこと
MANA ART
nymphish
『いろあそび』
感謝市
外部リンク
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
FALL
明月記
Change by Gr...
おいしい野菜のぶろぐ
51farm
「アートな毎日」森すみれ...
ココロとカラダは大事な相...
検索
その他のジャンル