<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
『おらがごっつお』第8弾
b0129115_13441410.jpg


館山市の保健推進協議会で進めている郷土料理の紹介のパンフ作り、
『おらがごっつお』の第8回の撮影会に昨日立ち会ってきました。

coto moto caの器を提供、
盛付けをさせていただいてます。

春のメニューで「クコのふりかけ」。
こちらではこの時期、クコの葉を食べます。
クコの実は知っていたけど、葉を食べるとは知りませんでした。
湯がいているときの香りが枝豆のよう。
アクを抜くために砂糖を入れた湯で茹でるそうです。
ちょっと苦みのある美味しいものです。
ジャコ、おかか、胡麻と煎ってふりかけに。

b0129115_13441868.jpg


こちらはクコをおひたしにして。
なんだか栄養がたっぷりな感じがします。

b0129115_13442474.jpg


そして、「ふきみそ」。
春を実感する味です。
お味噌を控えめにしてフキの味が生かされています。
自然の恵み、贅沢ですね。

b0129115_1344307.jpg


こちらは「ピーナッツ味噌」。
房州の定番ですが、やはり手作りはすごく美味しい!
ピーナッツの香ばしさが生きています。
こちらも味噌が多過ぎないのがいいですね。

b0129115_13455979.jpg


前回の「ピーナッツの五目煮」とセットで秋のシリーズになるのかな?



b0129115_13443480.jpg


こちらは飛び入りで「セリの海苔巻き」。
春の野草はカラダを元気にしてくれますね!
い〜い香りです!

b0129115_13443885.jpg


館山に春はもうやってきたようです。

前回は海の幸でしたが、今回は野の幸。
館山は本当に美味しいものに恵まれています。
そういう美味しいものを食べれるとこがあれば、
観光でいらした皆さんに喜ばれるだろうなぁ。
こういうものですよ、旅先で食べたいものは、きっと。

第7弾の様子はこちら
[PR]
by cotomotoca | 2011-02-28 14:08 | お知らせ
2011/2月のランチ
b0129115_103374.jpg

<大根のポトフと山芋と菜の花のマスタードソテー>

野菜を大きく切ってやわらかくなるまで煮るとすごく美味しいですね。
大根はおでんのように分厚く切って。
人参、玉ねぎ、セロリ、しめじと一緒に煮て、
最後にホールトマトをゴロっと。
塩こしょう、ローレルだけでとってもいい味に。

山芋はコロっと切って、にんにくの香りを出してから炒めます。
菜の花も入れてマスタード、醤油で味付け。
シンプルだけど山芋の旨味に驚きます。
菜の花もどっさりと食べれますね。


b0129115_10331030.jpg

<冬瓜の味噌汁とおからの含め煮>

冬瓜は夏にいただいたもの。
冬瓜という意味がよく分かります。
冬まで保つから冬の瓜。
ネギと生姜をきかせて刻み昆布を入れてお味噌汁に。

おあげの中身は炒りおから。
長ネギ、人参、椎茸、生姜を炒めて醤油みりんで煮ます。
煎ったおからを合わせておあげに詰めて、
昆布ダシ、醤油みりんでしめじと煮ます。
こうして食べるとおからも食べやすくてすすみます。
水菜に柚子を添えて。


b0129115_10331659.jpg

<切り干し大根のチゲ風とレタスのチヂミ>

切り干し大根は旨味たっぷり、
ニンニク、生姜、長ネギを炒めて、
人参、しめじ、切り干し大根、豆腐を入れて煮て、
粉唐辛子、ナンプラー、古い味噌、トマト缶を入れて。
不思議とこれでキムチ味に。
もやしとニラを入れて。
言われないとトマトだとは気が付きません。

レタスはここの名産。
たっぷりとレタスがいただけるのはなんとも贅沢なものです。
レタスはザッと刻んで、塩こしょうをして揉みます。
水が出てきたら小麦粉を入れてフライパンで焼きます。
この食べ方だとひとりでレタスひと玉食べれちゃうくらい。
石垣島ラー油酢醤油でいただきます。
[PR]
by cotomotoca | 2011-02-28 10:32 | coto moto ca ごはん
犬がいるから
b0129115_1223356.jpg


昨日、娘は学校に行けなかった。
学力テスト、テストが嫌いなわけではないんだけど、
絶対に学校に行かなきゃいけないというのがプレッシャーになって、
その前の晩から「学校いかなくちゃ・・・」、
朝も「学校いかなくちゃ・・・」と念仏のようにつぶやいていたら、
それに押しつぶされ、布団から出れなくなった。

夕方、犬たちもみんな一緒に海に散歩に出かけた。

b0129115_1223597.jpg


ソールがうちに来てから3週間、
ソールにとってはじめての海。
ムースとソールは本当に仲良し。

b0129115_12231184.jpg


娘が撮ったソールの写真。
ソール、海に緊張してます。

b0129115_12231452.jpg


娘が言う、
「ソールに会った時、久しぶりにワクワクしたんだ〜。」

娘と同じ年生まれのソール。
「ソールの誕生日は私の誕生日と同じ日にするの〜。」

「ソールの名前、他のにしてもいいんだよ。」って娘に言ったら、
「ダメだよ!ソールちゃんはソールちゃん。」
「ソールってお日様の光りがサーッとさしてる感じがするんだ〜。」と。
ソール、ラテン語で太陽の意味です。

「ママは犬ばっかり可愛がってずるい!」って
へそを曲げる事もあるけど、
犬たちは心配してそばに寄り添ってくれたりするよね。
犬たちがはしゃぐのを見てケラケラ笑い声が出るよね。

今日はちゃんと学校に行けたね。
[PR]
by cotomotoca | 2011-02-24 12:35 | 子ども
曇天の夕焼け
b0129115_1731634.jpg


午後5時、夕方のチャイムメロディーがなる。

娘は今日、布団から出たのは2回のトイレのみ。
布団の中で食事をし、布団の中でずっとDVDを見ている。

ここのところずっと、休みの日は布団の中、
学校の日も布団から出られない・・・。

「生まれ変わりたい・・・自分じゃない誰でもいいから。」
7歳の娘がそうつぶやいた。

「やな事ばっかり、いい事なんか1つもない。」

子供であっても心に抱えてしまった影は大人のそれと変わらない。

何をどう励ましてやれるだろうか?
時間を無駄使いしてるとか、
そんなんじゃダメ人間になっちゃうよとか言ってきたけど、
そんなのわかってるんだよね。

頑張れとは私はもう言えない。
[PR]
by cotomotoca | 2011-02-21 17:46 | 子ども
『おらがごっつお』第7弾
b0129115_17424762.jpg


14日に館山市の保健推進協議会で進めている郷土料理の紹介のパンフ作り、
『おらがごっつお』の第7回の撮影会に昨日立ち会ってきました。

coto moto caの器を提供、
盛付けをさせていただいてます。

まず夏のお料理という事で、
『水なます』漁師さんが船の上で食べる料理です。
魚をさばいて刺身にし、氷を浮かべた冷たい味噌汁をかけて、
ご飯や海藻などいろいろ混ぜてぶっかけでいただくもの。
今回は夏の魚ということでタカベを使って。
タカベが実に美味しい魚!
東京にいたときは名前も聞いた事がありませんでした。
鯛に似た上品な味、でも脂が乗ってコクがある。
地元のハバ海苔をもんで・・・
これは何杯でも食べちゃう美味しさです。
浜にいないと食べれないものですね。

b0129115_17425939.jpg

そして、天草で作った『あんみつ』。
手作りの寒天は食感が違います。
不思議と餡と蜜とのからみがいいのです。
こうやってシンプルに食べて美味しいてのは素材がいいからですね。
贅沢なものです。
これもやっぱり浜にいないとなかなか食べれません。

b0129115_1743675.jpg


『いりおから』アサリが入ったもの。
ごま油と生姜もきいててこれがすごく美味しい!
アサリがとってもいいコクを出してくれてます。
浜のおから料理。

b0129115_10453341.jpg


こちらは前回撮影の『ひじきの白和え』。
海の素材が必ず入って、カラダにもいいし、
何しろ美味しいです!
この2種でワンシリーズ。

b0129115_1743135.jpg


『落花生の五目煮』
こちらでは大豆を煮るのと同じようによく落花生を煮ます。
産地でないと贅沢でこんなには使えないですね。
甘辛いのが房州の料理の特徴。
ちょっとおやつ感覚で人が集まったときのお茶請けに出すようです。

「これ、白い器の方がいいんじゃないか〜?」
「おからのこれも色が似ちゃっててこれがこっちの方がいいだろ?」って
上の方の意見が聞こえてきましたが、
すみませ〜ん、あまのじゃくなのでそうしないので〜す。

b0129115_17431896.jpg


そして、飛び入りで『メメのヌタ』。
メカブを刻んだものを酢みそで和えたもの。
メカブとこちらではメメと言うそうです。
ヌルヌルが美味しいです〜。
浜のお母さんがきれいなのは
こういうものをたくさん食べてるからでしょうね〜。
やはり飛び入りでできたところてんに
このメメのヌタを混ぜていただいたらすごいバッチリでした!

そして、『ナマダのひもの』。
相浜の名物、ナマダとはウツボの事。
背開きにして200回も海水で
タワシで擦ってぬるみをとるのだそうです。
長さは60センチを超えてたかな?
写真をとりそびれました。
それでこれはシッポの方を唐揚げにいたもの。
いや〜!実に美味です!
骨がいっぱいあって大変なんだけど、磯のい〜い香りがします。

本当に館山は食材に恵まれてるなぁって実感しました。
海は本当に豊かです。

第6弾の様子はこちらで。
[PR]
by cotomotoca | 2011-02-18 12:00 | お知らせ
保護犬を迎え入れて
b0129115_10253123.jpg


チワワの『ソール』。
7歳になるその子はずっと繁殖場の中で暮らしてきた。

保護犬って言葉は好きじゃないけど、
ソールはそこから保護された子。

産むためだけで生かされきた過酷な犬生・・・
毎年産まさせられてきたとすれば、30頭以上の子を産んできたソール。
歯はほとんどない・・・身を削って産んできたんだよね。
ゲージに入れられ、自由に遊ぶ事はおそらくほとんどなかったことだろう。
抱っこされて可愛がられる事もなかったことだろう。

こちらのブログでソールがいた環境を知る事ができます。
『ペットショップにいくまえに』

それなのに、とっても朗らかなかわいい子。
人間でいえば50歳くらい・・・
この子は今、新しい犬生を両手いっぱいに広げてつかもうとしている。

b0129115_10253565.jpg


うちのクリークとムースもおそらく困惑はしているだろう。
でも、犬たち同士、お互いの距離を確かめ合いながら、
空気を少しずつ緩めてきている。

チワワのムースはソールに興味があるんだけど、
恥ずかしくって近づけない。
「ソールのそばに寝ようかなぁ〜」ってムースが近づいてきて
でも、私が見ている事に気が付くとそそくさとどっかにいっちゃう・・・。
パグのクリークにいつもくっついてるムースだけど。

b0129115_10253982.jpg


でも、ソールが来て3日目、
だんだんと3匹の距離が近づいてきた。
一緒にストーブにあたってる。

b0129115_10254363.jpg


「ソール、ここの居心地はどう?」
すごくビビリだったソール、保護されて預かり宅で愛情を受け、
いろいろな経験をさせてもらったおかげで、
うちに来てもビビらずにとってもリラックスしています。
クリークの猛烈なところにはビビってますが・・・
それでもソールは自分なりの立ち位置をちゃんと作ろうとしています。

ソールは今、我が家で暮らせるかどうかお試し中です。
本当にソールが幸せになれるのか、そこがなによりも大事なところです。
それをしっかりと見ています。

犬の順応性、愛情を心から欲する本能、
犬同士の関係性、人との関わり、
犬って本当に素晴らしいなぁって思います。
[PR]
by cotomotoca | 2011-02-06 11:20 | 犬の事
「おらがごっつお」第6弾
b0129115_12535871.jpg


館山市の保健推進協議会で進めている郷土料理の紹介のパンフ作り、
『おらがごっつお』の第6回の撮影会に昨日立ち会ってきました。

coto moto caの器を提供、
盛付けをさせていただいてます。

b0129115_1254253.jpg


『さばのおぼろ』
サバをまるまる一本、頭とあらを除いて茹でます。
丁寧に骨を除いて、酒、醤油、みりんでポロポロになるまで煮ていきます。
「昔はみんなこうやって家で作ったもんなんだけどね。」
「酢飯にのせると合うんだよ。生姜を入れたりしてもいいしね。」
おばちゃんたちとこうしていろんなお話ししながらできるのがとても楽しい。
菜の花を添えてちょっとおしゃれにしました。
「私が作ったんだと思えない〜。」と嬉しそうにしてくださいました。

b0129115_1254497.jpg


『二色なます』
人参と大根のなます。
でもここではピーナッツの粉も入ります。
ダイダイをしぼって入れて上品な酸味で美味しい!
「季節ごと入れるもんを変えてね、柿入れると美味しいね〜。」
「百万遍の時なんかにみんなこうしてこさえて持っていったんだけどね〜。」
百万遍?
「昔は地域の家々を毎月13日に順番にまわって、
そこん家でお茶飲みしながら繋いだ玉をみんなでまわしてね、
大玉が来ると自分の痛い所のこうして当ててね・・・」
「なるほどね〜、そうしてこの人はここが痛いんだなぁって
周りで気付いてあげれる智恵なんだね〜きっと。
そうやって地域のつながりを大事にしてたんだね。」
色々といい話が聞けました。

ここまでが第6弾のメニュー。

b0129115_1254849.jpg


でも、魚を無駄にしないのが館山の人。
あら煮もささっと作っちゃってました。
これがテリテリでおいしそ〜。


そして、まとめ撮りでこちらも。

b0129115_12541273.jpg


『ひじきの白和え』
房州のひじきは太くてとっても美味しい。
白和えにしても臭みがなくて上品な味です。
これもピーナッツの粉が入ってたかなぁ?

b0129115_12541595.jpg


『なすのからしあえ』
麹をジャーで発酵させるアイデアにびっくり。
甘くて辛くて癖になる美味しさです。

第7弾、第8弾の分なので、
こちらはまた追ってお知らせします。

第5弾はこちらから。
[PR]
by cotomotoca | 2011-02-01 13:16 | お知らせ



All as Art『マナを満たし、マナと繋がり、マナとなる』
by cotomotoca


『私の森の情景』

陶芸家として思うこと



『器と暮らし』
2007~2008

東京時代のブログ




『ささやかなもの』
2006年

小さなアトリエからの物語



Tomoko Uchiyama | 


Wonderful Dogs
coto moto caは犬の保護活動を
応援しています。


カテゴリ
お知らせ
日々
風景
アトリエ
coto moto ca 時間
Welcome OPEN DAY
coto moto ca ごはん
出会い
お気に入り
発酵

散歩
陶作品
季節
子ども
お店・mono coto
犬の事
ココロンバ
ココロ絵日記
アートセラピー
陶芸教室
おもうこと
AWASU ライフサークル
アトピー
妖精たちとの暮らし方
ランチ&かっさ
にじみ絵
かっさのこと
MANA ART
nymphish
『いろあそび』
感謝市
外部リンク
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
FALL
明月記
Change by Gr...
おいしい野菜のぶろぐ
51farm
「アートな毎日」森すみれ...
ココロとカラダは大事な相...
検索
その他のジャンル