<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
布団から出れない日々
b0129115_1143203.jpg


娘が布団から出れなくなったのは去年の秋くらいからかな?
休みの日になると一日中、布団で過ごしている。
学校へもそれでなかなか行けない・・・
不登校はひと月に7日を過ぎたらしい。
「7日を過ぎると教育委員会に報告しなくちゃいけないよ。嫌でしょ?」
と先生が娘に言う・・・それで困るのは先生の方でしょ。
できない約束をさせられ、
プレッシャーでますます動けなくなってしまう。

この春休みになって布団から出れないのはますますひどくなった。
「生きる意味がわからないままでもいいから早死にしたい。」と娘が言う。

食事も布団の中でないと食べない。
「こっちへ来て食べよ〜。」と優しく言ってもダメ。
「布団で食べちゃいけないんだったらいらない!」
そういって昼までは寝続けてる。
なんとかお昼ごはんはテーブルで食べれたかと思っても、
また布団に戻ってDVDをひたすら見続けてる。

「ママ〜。着替える〜。」と言い出すのは午後4時。
それから犬たちと散歩に出る。
道端の花を摘み、花の蜜を吸ったり、葉っぱを食べたり。
「ママ〜、もう春だね〜!きれいだね〜。」って嬉しそう。
って、そういう日もあれば、
散歩行く〜って自分から言ったくせに、
「ママ〜!待って!待ってっていってるでしょ!だから聞いて!」と
地面にひっくり返って泣きわめきひたすら叫び続ける日も。
待ってるし、聞いてるんですけど・・・。

同じ発達障害のお子さんで悩んでいる方と動物病院で偶然出会い、意気投合。
「そうそう、そうなんだよね〜。」
16歳の息子さんは高校に入って1ヶ月くらいで学校に行けなくなって、
「今日これから退学届を出しにいくところ。」と話してくださった。
「午前中はダメなんだよね〜。うちも午前中はパジャマのままだよ。」とも。

人と会うのが怖いのだそう。
それでも小学校、中学校は普通に元気に通えていたそうです。
「特別支援学校に行きたい。」と最近になって息子さんが言い出したことで
はじめてそのことに気が付いたのだと言う。

時間の感覚がない、
嫌なことばかりと思い込む、
人が自分を笑ってると思う、
着るものにこだわるから同じものばかりを着て暑い寒いも気にできない、
食べたいものでなでなければ食べない、
「そうだよ。」と言っても同じことを何回も何回もくり返し確認する、
突然の予定の変更にとまどいパニックになって何もできなくなってしまう。

学校に先生に「おまえはなんでこんな変な絵を描くんだ?」と
幾何学的に描かれた人物などを見て馬鹿にするようにそういわれたのがきっかけで
絵が描けなくなったと言う。

その話をお母さんの口から出てくるのを聞いて驚いた。
最近、まさに私が問題を感じている学校の美術教育のことだったから。
大人の考える正しい絵というものを描くことが教育とされている、
その先生から出た言葉にどれだけ子どもが傷ついていることか。

『個性、自己主張のできる場』について望んだ私の問いに学校から出された回答は、
「集団という『画』の中で輝く能力や存在が個性であり、
画の中で対応できるところから生まれます。
個から始る周囲への要求はわがままであり、自己主張にはなりません。」
とのことだった。
学校教育にまたしても愕然としてしまう私に問題があるのかな?
私も学校に馴染めない子どもでした。
私も発達障害なのかもしれません。

VIVA!『個性』!ってならないんですかね?

娘にも『個性』を活かせるところを見つけてあげれるといいなぁ。

絶対に早死になんてしちゃいけない!
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-31 12:46 | 子ども
肥満細胞腫、再発
b0129115_1124532.jpg


クリークが肥満細胞腫という血液のガンで太ももに腫瘍ができ、
手術をしたのが2009年8月のこと。
肥満細胞腫、やっかいなもので術後も平均生存率300日ともいわれる。

病魔は隙間を狙ってやってきた。

2010年10月、膀胱炎で通院、
尿路結石ができてて処方食のフードを1ヶ月半ほど食べることとなった。
結石はラッキーな事に自然と排泄できて、無事に完治。
でも、その時からステロイドを飲むのをやめてしまっていた。

「飲まなくたってもう大丈夫なんじゃない。」
それが私の間違いだったのかもしれない。


今回の腫瘍に気が付いたのが今月初め、
なんだろこれ?とは思いつつも「肥満細胞腫です。」と言われるのが怖くて、
「なんでもないよね?前立腺肥大かな?」と
その事ばかり調べていた。

気が付いたら卵大に・・・これはただ事じゃないと・・・
おちんちんの付け根の奥、かたい固まり。

やっぱり結果は肥満細胞腫だと判明。

高齢な事、パグは麻酔に弱い事、
腫瘍の周りをごそっととれる場所ではない事、
リンパに入っている可能性が高い事、
諸々考えて手術はしない事にした。

ステロイドは今まで飲んでいた10日分を1日1回で飲む事に。
ガスターという胃散を抑える薬と一緒に出された。

ステロイドの副作用がひどい・・・
大量に水を飲んでは大量にオシッコを・・・
すごく頻繁にトイレに行く。
息も荒くて苦しそう。
「こんな薬飲み続けられないよ・・・」

「そうだ、水素カプセル、飲ませよう。」
すると不思議と副作用がなくなった!
水素のカプセル、体内で水素を発生して
活性酸素と結びついて水となって排泄してくれるもの。

b0129115_11203957.jpg

そして、琵琶の葉をミルで粉にしたもの、
干し椎茸の粉、煮干しの粉。
ガンに効くと思われるものはいろいろと食事に混ぜる。

キャベツ、人参もガンに効くと言う。

これらは結石ができてから控えてしまっていた食材。
アルカリの食材で結石ができると調べたら出てきたので。

b0129115_11235852.jpg

鶏肉、生の馬肉、
小麦粉と糠が半々の黒胡麻入り手作りパンケーキをほぐして。
鶏を煮た味噌スープをかける。

クリークはいたって元気。
ムースと喧嘩もするし、
ソールのおやつのおこぼれを狙うし、
すごい食欲だし。

薬を飲みはじめて5日、
腫瘍はウズラの卵のちょっと大きいくらいに小さくなった。

どうかこのまま消えてくれ!


b0129115_1124661.jpg


仲良し3匹なんだから。


 
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-28 11:57 | 犬の事
2011/3月のランチ
b0129115_10533365.jpg


<山芋のスーラータンとゴボウの香味揚げ>

中華スープの基本、長ネギ、生姜を炒めて醤油をジューっとです。
これさえやればなんでも中華風に。
昆布ダシで人参、椎茸を煮て、塩、コショウ、お酢で味付け。
そこへ山芋の摺りおろしを入れてトロっとさせて、
炒めたモヤシとニラをのせて、ごま油、柚コショウをかけて。
山芋のとろみがすごくおいしい!
山芋はあんまり火が通らなくてもOKです。

ゴボウは拍子木切りにして醤油につけておきます。
小麦粉を水で溶いて、塩、五香粉、こしょうを加え、
天ぷらの要領でゴボウを入れて揚げます。
五香粉でエスニックな感じに。
スナック感覚で止まらなくなる美味しさです。
人参の胡麻和え、わさび菜を添えて。


b0129115_10533520.jpg

<小松菜の春雨スープとニラ入り大根餅>

こちらも中華スープの基本で味出ししてから、
昆布ダシで人参、しめじ、椎茸、小松菜を煮ます。
塩、コショウ、酢で味を調え、春雨を入れて。
小松菜がいいダシになってます。

大根餅はナンチャッテの作り方。
台湾料理の大根餅はすごく手間がかかって大変。
でも、この作り方でも十分美味しいです。
大根おろしにだんご粉を入れて、
塩、五香粉、ニラを入れてフライパンで焼くだけ。
モチモチの食感がおいしい。
生姜酢醤油でいただきます。
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-28 11:06 | coto moto ca ごはん
私が被災したとしたら・・・
b0129115_1064971.jpg


東日本大震災、私が犬たち3匹と7歳の娘を連れて被災したら・・・
どうする?

避難所へは入れない。
ほんの数カ所、犬も一緒にいられる避難所があるけど、
すぐに避難できるところがそうでなければ・・・

娘はアトピー。
娘にとって避難生活は地獄のものとなるだろう。

10日間もお風呂に入れず、
保湿剤もステロイドもなかったら、
皮膚はごわごわになり、
ヒビが割れて汁が出て、
痒さと痛さで泣きわめき、
夜はまるで眠れない。

そして、情緒不安からパニックも起こし、
絶叫、暴れてわめき散らすとなれば、
すし詰め状態の避難所にいる事はできないだろう。

でもきっと、私たちのような方は
今被災地にもいるにちがいない。
アトピー、発達障害、パニック障害の子たち、
そしてその子の家族は今、
いたたまれない状況にあるのではないだろうか?

穏やかな生活が人一倍必要な子とその家族、
支援の手は伸びているだろうか?

パソコンを前にしてキーボードを打つしかない自分がもどかしいです。
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-24 08:21 | おもうこと
子ども創作教室 『ココロンバ』
b0129115_917974.jpg


4月より、coto moto caでは子ども創作教室もはじめます。
名前は『ココロンバ』、
子供たちと心をあわせられる場であるといいなぁと名付けました。

11日の東日本大震災で自分も被災したかのように気持ちが落ちていました。
今、教室を開いたところで来てくれる人はいないかもしれない・・・。
何も手がつかないで数日過ごしていました。

「ちがう!被災された方達のためにも私たちは歩みを止めてはいけない。」と
まずは看板作りをしたのです。

私もゼロからのスタート。

創作教室、基本は絵を描く事をしていきます。
上手に描こうという教室ではありません。
その子の物語のある、心の中の世界を引き出していけたらいいなぁと思っています。

「人はこう描くよ。」とか、
「これじゃおかしいよね。」とか、
「きれいに描こうか。」とか、
形式的に絵を描く事は子供にとってむしろ害になると感じています。

感動や感覚的に受けた事こそ、子供にとって最も大事な経験であり、
絵を描くと言う事はそれをはっきりとそこに表せる1つです。

『芸術による教育』ハーバード・リード著の中に、
表現の教育こそ人格形成、人間的な創造性や情操の発達に必要であり、
子供の絵というのはこのような表現の本質であると述べています。

これからの世界を担う子供たち、
夢のある世界を描けるように願います。

子供たちにはいろんな可能性が眠っているので、
それが表に出てくる、ちょこっとのお手伝いができたらいいなぁと思っています。


すべてを失った被災地で、15歳の少年がテレビのインタビューで、
「高校の合格発表だったけど、
もし受かっていたとしても4月から行けるわけでもないし、
今は地域のために街を一緒に作り直したいです。」と言っていました。
そのたくましさにすごく感激しました。


3月11日、私はアートセラピーのインストラクターの資格をいただきました。
今後、学校での家庭教育学級などで
親子アートセラピーが実践できたら嬉しいなぁと考えています。

私もこれから第一歩です!


このロゴは娘が書いてくれました。
b0129115_9173776.jpg
<子ども創作教室『ココロンバ』のご案内>

毎週火曜日
16:30〜18:00

月謝:¥5,000(月4回)
設備費:¥3,000(年間)


場所:館山市犬石1495-16 coto moto ca内
電話:0470-28-3132
メール:mail◎cotomotoca.com(◎を@にかえてください)

*ご質問、見学希望などお気軽にお問い合わせください。
『ココロンバ』主催 内山朋子まで。
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-20 10:07 | ココロンバ
私にできる事
東日本大震災で被災された皆様、一緒に頑張りましょう!

まず私にできる事、節電。
パソコンに電源を入れる事も気にしながら、
最低限メールの確認だけにしようという気持ちでいました。

ブログを書くのも今はよくない事のように感じて慎んでおりましたが、
でも、パソコンからの情報によって、
知られていない被災地、個人のSOSが伝えられ、
命がつながれている事を知りました。

そして、様々な観点から
私たち個人が動ける事の情報があるのも知りました。

人それぞれに心配事や助けを求める内容は違うもの。
ならば、私には私なりにお伝えするべき情報もある。
そう思い、ここにお知らせいたします。

なかなかニュースでは取り上げられない被災地のペットのこと。
犬や猫のことを心配しているときじゃないと思われるかもしれませんが、
被災された方の中には家族の安否を心配するのと同様に
ペットのことを思われているに違いありません。


『緊急災害時動物救援本部』にてペット救済のための義援金を募っております。
日本動物愛護協会のHPで詳しくはご覧ください。

また、署名運動もされています。
あの松本くん(まさおくんの)が立ち上げています。

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』
Natural Dog StyleのHPからダウンロードできます。


今こそ、無駄をなくし
その先を見つめる機会です。

手と手をつなぎ、力をあわせていきましょう!
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-19 10:48 | お知らせ
地震、その時に
大変な地震でした。

昨日は東京での用事があるので、
これから東京へ向かおうと娘の小学校に迎えに行って、
まさに車を出そうとしたときです。

「早く!校庭の真ん中に行け!」
すごい形相で校長先生と、教頭先生が大声で叫んでいる・・・
「みんななんで怒られてんだ?」と
不思議に思いながら車で出ようとすると、
「すごい地震ですよ!」と言われて事態に気付き、
娘を連れて校庭へ出た。

「怖いよ〜気持ち悪い〜。」と娘は地面に伏せた。
立っていられない、船で揺られているように左右に振られた。
ずいぶんと長い。

慌てて飛び出してどこかに走っていちゃう子の名前を呼んで引き止める。
富崎小のお父さん、校長先生。
子供たちの安全のために大声を張り上げて、落ち着かせまとめている。
「みんな、公民館に避難するぞ!」
校長先生の指示にみんな急ぐ。

娘も他の先生に導かれて走っていく・・・
「待って!ママは犬たちから離れるわけにはいかないから!」
車には犬たち3匹が残っている。
校長先生はすかさずそれを聞いて娘の名前を呼んでくれて、
「戻れ!お母さんと一緒にいなさい!」と呼び止めてくれた。

よかった、犬たちも全員で一緒にいられて。

「火山の噴火だよ絶対!」って娘がいう。
「そうかもしれないね・・・。」
何が起こったのか、どこで起こったのかわらないままで、
東京に行くのが間に合わなくなっちゃうと私は車を走らせた。

無謀だった・・・。

インターまでの道で信号機が消えていて、
店もみんな暗い、建物からみんな出て待機している。
交差点には警察官が立って指示している。
インターまで辿り着いたけど、入り口は封鎖、
通行止めだった。

それでも私は東京へ行かなくちゃって考えてて、
東京では何でもないものだと思っていたから。

でも、これはそんな事態じゃないってようやく気が付いて、
家に帰ったら立て掛けてある板などが倒れている程度で食器などは無事だった。
でも、テーブルの位置がずれている・・・。

戻ってよかった。

もしも避難しなくてはならなくなったらと思い、
車に食べ物を積み込み、荷物も積んだまま、
しばらくは車で寝てしまっている娘と犬たちを車に残して、
私は家に入り、テレビの画面に食い入った。
母とはなんとか連絡が取れた。
東京も被害を受けている。

富崎には大津波警報で避難勧告が出ているらしいが、
みんな家にいるそうだ。
学校には先生方は待機しているという。

もしも、突然に建物が崩壊したり、
津波が襲ってきたり、火事になって急いで逃げる事になったら、
私は娘と犬たちを全員どうやって守る事ができるだろうか?
避難所に集まるとしたら犬たちは?
三宅島で置き去りにされた犬たちの姿が浮かぶ・・・。

車に乗り込んだときからなんだかピーピーないていたムース。
何かを察していたんだね。

死者は1000人を超えるという。
家をなくされた方もなんとすごい数だろう。
テレビで流される津波の映像に
その威力の凄まじさに呆然としてしまう。

犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げます。
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-12 09:37 | おもうこと
子供創作アトリエはじめます。
b0129115_13425715.jpg


4月より小学生を対象にcoto moto caで創作教室をはじめます。
絵画を中心に粘土造形、表現創作をしていきます。
技法やテクニックを養う教室ではありません。

今、アートセラピーの勉強をしていますが、
3月にインストラクターの資格が取れる予定です。
子供たちの声が聞けたらいいなぁと思って勉強してきました。

本当の自分、そのままの自分でいいんだよと絵は教えてくれます。

その子にあった絵の描き方、
表現の仕方を引き出せたらいいなぁと思っています。

絵を描く事で心が自由になります。
うまい下手ではなく、描く事で自分に自信がついてきます。
子供の持つ世界は驚きでいっぱいです。

子供のことでお悩みのお母さんの相談にもお答えできます。
アートセラピーは心のドアを開きますよ。
私自身、娘の絵からのメッセージにいろいろと気付かされています・・・。


b0129115_10531126.jpg

毎週水曜日4:30〜6:00
(小学1年生〜6年生)
定員6名まで

月謝 ¥5,000(月4回)
設備費 ¥3,000(年間)
(*特別な材料を使う場合は材料費が別途かかります)

詳しくはお気軽にお問い合わせください。
0470-28-3132(coto moto ca 内山朋子まで)
またはメールで(件名を『子供教室について』としてください)
mail◎cotomotoca.com(◎を@にかえてください)

coto mto ca HPで場所はご確認いただけます。
http://www.cotomotoca.com
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-07 13:34 | お知らせ
ソールがきて1ヶ月
b0129115_9385115.jpg


ソールがうちにやってきてもう1ヶ月が経ちました。
なんの違和感もなく、すっかりうちの子になっています。

ソールはムースのことが大好き。
いつも気になってしかないって感じです。

ムースがハウスから出てくると、
「わ〜!きたきた〜!」ってしっぽプリプリで大喜びです。


b0129115_9385539.jpg

一緒にベットに入ったり。

でも、ソールがすごいしつこいからムースはちょっと迷惑そう。
「ソーちゃん、しつこいと嫌われるよ。」
人間も犬もおんなじですね。

b0129115_9385981.jpg

朝はみんなで寄り添ってストーブの前です。
来たばかりの頃とは違って、みっちりとくっついています。
3匹でいることがあたりまえになっています。


b0129115_939440.jpg

死んでるわけではないですよ〜。


ソール、とってもリラックスして過ごしています。


ソールはさいたま市のブリーダー崩壊で45頭レスキューされた中のひとりです。

世の中には里親さんを待っている子がたくさんいます。

ソールを保護してくれたWonderful Dogsでは
ボランティアの方でたくさんの子をお世話しています。
避妊手術、マイクロチップ、病気の子の治療費、
そしてペットシーツなどの消耗品などたくさんのお金がかかります。
なるべく多くの方がこの活動を応援してくださる事を願っています。
捨てられる命、そしてそれを救う人達がいることをまずは知ってもらいたいです。

Wonderful Dogs
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-04 10:33 | 犬の事
館山駅西口での展示
b0129115_9253147.jpg


3月1日(火)〜17日(木)
8:30〜17:30

館山駅西口の「ふるさと情報センター」にて展示させていただいてます。

今回は『水辺を想う』というテーマの展示です。
様々な水の表情に出会える水の豊かなタイの国を旅したときの
水辺のイメージをもとに制作してきた作品たちです。
新作ではありませんが、今までの作品を振り返ることができて、
私自身、新鮮に見ています。

館山で展示をするのがこれがはじめて。
残念ながら今回の展示では販売はしておりません。

イベント情報として房日新聞社さんをはじめ、
取材してくださいました。
『房総ナウ』というサイトでも掲載してくださってます。
こちら

b0129115_925369.jpg

娘が写真を撮ってくれました。
これは水が流れているので水の音が楽しめます。


b0129115_9253950.jpg

私が撮ったのよりいいので娘のを使わせてもらいました・・・。


近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。
よろしくお願い致します。
[PR]
by cotomotoca | 2011-03-01 17:30 | 陶作品



All as Art『マナを満たし、マナと繋がり、マナとなる』
by cotomotoca


『私の森の情景』

陶芸家として思うこと



『器と暮らし』
2007~2008

東京時代のブログ




『ささやかなもの』
2006年

小さなアトリエからの物語



Tomoko Uchiyama | 


Wonderful Dogs
coto moto caは犬の保護活動を
応援しています。


カテゴリ
お知らせ
日々
風景
アトリエ
coto moto ca 時間
Welcome OPEN DAY
coto moto ca ごはん
出会い
お気に入り
発酵

散歩
陶作品
季節
子ども
お店・mono coto
犬の事
ココロンバ
ココロ絵日記
アートセラピー
陶芸教室
おもうこと
AWASU ライフサークル
アトピー
妖精たちとの暮らし方
ランチ&かっさ
にじみ絵
かっさのこと
MANA ART
nymphish
『いろあそび』
感謝市
外部リンク
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
FALL
明月記
Change by Gr...
おいしい野菜のぶろぐ
51farm
「アートな毎日」森すみれ...
ココロとカラダは大事な相...
検索
その他のジャンル