<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2011/9月・10月のランチ
b0129115_14344043.jpg

<冬瓜のスープとひじきサラダ>

冬瓜はとってもいいダシがでます。
長ネギを炒めて香りを出したら、
昆布だしと塩、こしょうとほんの少しの醤油。
これでいいスープが出ます。
冬瓜の持ち味の酸味がバランスをよくするのでしょうね。

ひじきは『牧水亭』の乾燥のもの。
房州ひじきは茎のところが太くて柔らかくて最高です!
こういうひじきじゃないとサラダにしてもおいしくないかも。
水で戻して黒酢と醤油、ごま油、玉ねぎのスライスと和えるだけ。
こうするとどっさりとひじきが食べられます。
エノキと厚揚げ炒め、ウコンをかけたゴーヤの素揚げを添えて。




b0129115_14344322.jpg

<ミネストローネと雑穀サラダ>

大きなつる首がボチャ、大きなズッキーニをいただいたので
とっても重宝しました。
ミネストローネにはバッチリです。

雑穀を茹でたものをタマネギのみじん切りと合わせてドレッシングとして
ナスとこれまたズッキーニをニンニクで炒めて
そのドレッシングと和えます。
雑穀がいい食感とコクを出してくれて、お腹いっぱいになるサラダです。




b0129115_14345163.jpg

<豆乳ホワイトシチューとペンネのキノコソテー>

これまたつる首カボチャを使って。
つる首カボチャは甘みがそれほどないので味のバランスをこわさないので重宝です。
玉ねぎ、コーン、ブナピーで色合いはまったりクリーム色のシチュー。
ローレル、塩、こしょう、豆乳だけでもしっかりコクがあるのでみなさん驚いてました。

ニンニクで舞茸、しめじ、エリンギを炒めてペンネとからめました。
シンプルにキノコのおいしさを堪能です。




b0129115_14344726.jpg

<根菜いっぱいの味噌汁とじゃが納豆おやき>

里芋、大根、ごぼう、さつま芋、長ネギの具沢山みそ汁。
食べるとどんどん体が温まり汗が出てきます。
根菜は陽のもの、寒くなると必然的に食べたくなりますね〜。
お味噌は今年のもの。
8月に瓶からあげて冷蔵庫に入れました。(熟成がすすまないように)
間違えてなめみそ麹で作っちゃったけど、いい感じにおいしくできました。

ジャガイモと納豆は高相性。
納豆がお肉みたいなものです。
タマネギを炒めて納豆も炒めて醤油で味付け。
マッシュしたジャガイモと合わせてお麩と小麦粉でつないで
ハンバーグのように焼きます。
からしをつけるとさらにグーです!




b0129115_1435066.jpg

<レンズ豆のカリーと温野菜の黒ごまディップ>

レンズ豆のカリーはインドのお味噌汁のようなもの。
玉ねぎ、ニンニクを炒めてターメリック、クミン、カルダモン、唐辛子を加え、
レンズ豆を入れて煮込むだけ。最後にガラムマサラ少々。
なのにとっても奥深い味になります。

温野菜がおいしい季節になりました。
ブロッコリー、カリフラワー、カブ、間引き人参は塩茹で、
さつま芋とカボチャは素揚げで。
ディップはすり黒ごま、黒酢、醤油、こしょう、ごま油、豆腐をペーストにして。
たっぷりつけてどうぞ〜。




9月半ばにmacが壊れ、中のデータ、写真がなくなってしまい
ランチの写真も8月、9月前半のがなくなりました・・・残念。
大事なものを失ってしまって未だ立ち直れてません・・・
macは新しくなりましたが・・・とほほです。

[PR]
by cotomotoca | 2011-10-31 14:33 | coto moto ca ごはん
嬉しいこと
今日、初めてお話しした同じ年頃の子を持つパパさんが
ウィンティーの手を取りこう言った。
「長い事よくがんばってきたね。こうなったら後もうちょっとで治るよ。」

ウィンティーはこの言葉がどれだけ嬉しかった事か。

「知ってるんですね!」と私はとっさに聞いた。
長袖の先からのぞく手首のかさぶたを見て言ってくれたのである。
そう、この茶色いかさぶた!

「茶色いかさぶたになると治る。」こう聞いたのが
7月17日の脱ステ脱保・アトピー性皮膚炎講演会で
大阪・阪南病院の佐藤先生のお話。
2月から仕方ないと思って使ってきてしまったステロイドは
もう効かなくなって使わないようになっていたのもあって、
その日からきっぱりとステロイドは止めようと誓った。
(講演を聴いてからはこんなものこれ以上絶対に使えない)
そして疑問を持ちはじめていた保湿も完全に止めた。

そこからは凄まじいかゆみと汁との戦いだった。
でも、信じて耐え抜くしかない事をその時の講演会で深く承知したから。

どんどんひどくなっていくウィンティーの状態に
会う人誰もが「どうすることもできないの?薬は?」と聞いてくる。
「またひどくなったんじゃない?」保健の先生にもそういわれてショックを受けて、
「治るとこなのにみんな全然わかってくれない!」とウィンティーは怒っていた。

やけどでただれたようになった皮膚は浸出液にホコリを巻き込んで
分厚い固まりとなって皮膚にこびりつき、ひび割れ、ぶら下がり、
まるで蛇が脱皮する様子だった。
これはかさぶたとは違う・・・浸出液によるものだから。
そのゴワゴワは服を着ているのもつらいのだと言う。
人から見ればそれはもうあまりにもひどい状態に見えただろう。
周囲からは「なんてひどい親だろう・・・あれじゃ虐待だ。」
と思われても仕方がない。
でも、私はその経過を聞いて知っていたから慌てないでいられた。 



今日、2ヶ月ぶりにシャワーを浴びた。
シャワーを浴びる事ができるほどになったというのが正しい。
ものすごい抵抗して入るのを嫌がるから入らなくていいことにしてた。
そっか、むしろ入らない方がいいのかぁ・・・

「汗も垢もついてていい、いらなくなれば勝手に落ちるもの。
お風呂に入らない方が肌にとっては楽。角質は水に濡れると壊れてしまう。
自分で掻いてちゃんとはがれ落ちるから大丈夫。掻かせていい。
掻くのは悪いところを剥がして治そうとしてる自然な行為。」
という講演会での先生方の話には目から鱗だった。
今までの概念と全く逆なのだから。

たしかに、掻いて掻いて掻きまくって汁だらけになった後には
固まってゴワゴワになるけど不思議と自然ときれいになっていく。
何度かそれを繰り返していた。



でも、体の90%以上が異常な状態だった夏、
暑さとかゆみで悲鳴を上げるほど苦しみ抜いた夏。
眠れない日々はますます症状を悪化させて、精神的にも限界だった。
「死にたい。」「なんでアトピーなんかに生まれてきたんだ!」
とわめく日々には、親子共々ほとほと気が滅入っていた。



今月、8歳の誕生日を迎えた。
「3歳になればすこしは良くなるかな?」
「4歳になればなんとかなるかな?」
そう思って誕生日を迎えても
年を重ねるごとにどんどん悪くなっていってるのがつらかった。
でも、今年はちょっと気持ちが違う。
「もうこれわかったよ。」答えがある事がわかったから。

「2年生になったら治るんだ!」ってウィンティーは言ってたな・・・
私が子供の頃に2年生で喘息が治った話をしたのと、
2年生になったらアトピーが治った女の子の絵本を読んでたからかな。


とにかく、今日はどこもしみないで体を洗えた。
ウィンティーはそれがすごく嬉しいのです。
[PR]
by cotomotoca | 2011-10-30 22:07 | アトピー
ストレスと発散
b0129115_14535523.jpg
Riちゃん(1年生)
この日、しばらく女の子たちはおしゃべりをしてから描き始めました。
「わたし、ひまわり描く〜!」とRiちゃん。
UiちゃんとKaちゃんは図鑑をめくりながら見ています。
Riちゃんが描き始めると二人も続いて描き始めました。
なぜかこの時はみんなが「色鉛筆がいい!」というので、
普段はアトリエに置いていない色鉛筆を用意した。

Riちゃんはひまわりの絵を学校で描いたのだという。
それがうまくいかなかったのか、上手に描けたからまた描きたくなったのか
ここの動機は聞きそびれちゃったけど、
とにかくRiちゃんにとっては『教わってきたこと』を私に見せたかったようです。
たしかに茎のつき方、種の成り立ち、指導を受けた感じがします。

気がついたら他の二人も同じひまわりの絵を描いています。
同じようにレンガの花壇も・・・。
そして、大きな赤い太陽・・・。
b0129115_14542656.jpg
Kaちゃん(2年生)


b0129115_14543862.jpg
Uiちゃん(2年生)


3人はココロンバで初めて会ったメンバーだけど、
とっても仲がいい。
同じ絵になることは度々あります。

色鉛筆・・・固いのです。
定規を使った線・・・固いのです。

線描きしたところを塗るという『ぬりえ作業』・・・大丈夫かな?
「あ〜!もうイライラする!」(Uiちゃん&Kaちゃん)
「あ、やっぱり・・・」(モコさん)
Riちゃんは「できた〜!」と嬉しそうです。

「イライラしたらウンコ出し。」
Kaちゃんはやる〜といって全ての色でなぐり描きしました。
そしたら、すっきりのいい表情。
「これは捨てる。」と言ってました。(が、モコさんはとっておきま〜す。)
Kaちゃんのこのエネルギーがとっても好きなのです。
捨てるときにはビリビリにやっちゃおうね〜!
b0129115_14545160.jpg




Uiちゃんはその時は「もうやる気なくなった。」といってウダウダしてました。
「じゃぁ、こういうのやってみる。」と提案したのがこれ。
b0129115_14145516.jpg

同じぬりえ作業でも色選び配色、配置を感じ考える作業です。
途中までしかできなかったけど、すこしは気持ちが乗ったようでした。

しかし、その次の週にみんなも一緒にその抽象カラーアートをやって、
Uiちゃんはまた「あ〜イライラする〜!」となったので、
(Uiちゃんには今は色の世界が必要ではないのです。)
自分からウンコ出しをやるといいました。

b0129115_13571049.jpg

いつのまにかKaちゃんも同じ紙に一緒になってやりました。
ふたりでグチャグチャワ〜ワ〜いいながらやってました。

すっきりすると、「私!悪の世界描きたい!」とUiちゃん、
(そうそう!それだよ!)
「私も描く〜!」とKaちゃん、
「オレも悪の世界描きたい!」とLiくん。

UiちゃんとKaちゃんは二人で合作を企んでいるようです。
b0129115_13573396.jpg
Uiちゃん(2年生)
『あくのせかい』

b0129115_1358297.jpg
Kaちゃん(2年生)
『てんしのせかい』

b0129115_135886.jpg
UiちゃんとKaちゃんの合作
『あくとてんしのせめぎあい』
川の中には悪の世界の宝石と天使の世界の宝石が沈んでいて、
それぞれが勢力をせめぎ合っていて炎が上がっているところ。

「悪魔だったら牙があったり、角があったりしないの?」
「天使に羽ははえてないの?」と聞くと、
二人同時に「そういうのじゃないんだって!」
「見た目はそういうかっこしてないの!わかんないかなぁ・・・」
「なるほど!二人が言いたいのは悪のタマシイと天使のタマシイの事なんだね。」
(そうだね〜、UiちゃんもKaちゃんもいつもそれがせめぎあってるもんね〜。)
とは二人には言いませんでしたが・・・。


b0129115_13582283.jpg
Liくん(2年生)
『あくのせかい』
すごいです!かっこいいです!
Liくんはココロンバでは右脳をフル回転させてる感じがします。
形にならないものを形にすること、自分ではっきりしない世界を掴もうと
ずっと手探りを続けているように見えます。
理屈じゃないそこに存在するものと向かい合おうとしているね!



と、そんな中・・・
Riちゃんは自分の美しい世界をしっかりと守っています。
Riちゃんの決して誰にも邪魔されたくない世界です。

b0129115_14354953.jpg
Riちゃん(1年生)
『あきのふうけい』


b0129115_1525232.jpg
Riちゃん(1年生)
『パンジー』(仮名)
まだ途中の作品です。
写真がピンぼけな訳ではなく、かすれた筆使いがいい雰囲気を出しています。




[仕上がりの絵の追記:11月16日]

b0129115_2215896.jpg

ますます怖く、血がたれたような感じがすごいね!
悪のシャボン玉がいっぱい飛んでるそうです。


b0129115_222277.jpg

お花の汁で描いたようなあま〜い香りがしてきそうです。
チョウチョが出してる香りがオレンジ色のところだそうです。
ほわ〜っとやわらかくて暖かい感じがでていますね!


b0129115_22272.jpg

絵の具で色作りがとってもきれい!
いっぱい感じながら色を混ぜていたね。
お花のいい香りがしてきます!
[PR]
by cotomotoca | 2011-10-28 14:39 | ココロンバ
10月のココロンバ/2011
b0129115_11463357.jpg

ココロンバメンバー、現在4名。
お絵描き部屋は6畳間なので、
こうやってねっころがって描いたりするにはこの人数でいいのかな。
一応、ひとクラス6名を定員に考えていますが・・・
もっと上級生のメンバーが来てくれるとなると
テーブルのある方のアトリエを使うことにもなりそうです。
まあ、なんとかなるか。
というわけで、現在メンバー募集中です!

さて、10月のココロンバ。
ちょっと雰囲気を変えた内容に取り組んでいました。


カナリアナス。
「形が面白いので描いてみる〜?」って聞いたら、
「いい・・・」と反応悪し・・・ま、いっか。
でも次の週、「やっぱり描いてみた〜い。」と誰かが言い出し、
「わたしも〜!」となってやりたい子だけでやりました。

まずはカナリヤナスを感じる色の色画用紙を選びます。
全員違う色に・・・
そして、これが真ん中の色〜と思う色をクレヨンで真ん中から塗っていきます。
その色をどんどん膨らませて形にしていきます。
そこからは感じた色をどんどん重ねて・・・
と出来上がったものを切り抜きます。
はじめの日はここまで。(みんなあんまり集中が続かないので・・・)

[みんなの感想]=カナリアナスが上手に描けなかった。なんかきらい。
ーーーここまでは9月にやっていました。ーーー

10月に入って最初にカナリアナスの仕上げです。
折り紙と色画用紙の色を選びコーディネート。
これはみんなすごく楽しそうでした!
どうでもいいと思っていたカナリアナスがみんなおしゃれなったのを見て、
みんなまんざらでもない様子です。
達成感と充実感を味わうことができたようでよかった!

b0129115_1633174.jpg
Riちゃん(1年生)


b0129115_11464855.jpg
Kaちゃん(2年生)


b0129115_16331697.jpg
Uiちゃん(2年生)


b0129115_11465989.jpg
Uiちゃん(2年生)
こちらは西洋なし。
Uiちゃんだけがその次の回で「描きた〜い!」と描きました。(これも9月)
みんなも描けばよかったのに〜。
(カナリアナスの時に納得いかなかったから描くの嫌だったみたいです。)



と、調子に乗って次週サツマイモを用意してみました。
ホクホク湯気の立っているお芋をハグッと割ってみせて・・・
「わ〜!おいしそ〜!」
「でも、でも食べちゃだめ。」
そういって匂いをかいだり、色を観察したり・・・
おっと・・・今回はみんなやるのね。

「じゃぁ、まずはこの中身を描いてみよう!」
まずはざら紙を渡します。みんな???の様子。
「ここにおいしそうな中身の色を塗ってみて〜、
その後まあるくちぎるとお芋の中になるからね。
ちぎるとお芋のホクホクの感じになるよ〜。」
やっぱりみんなは???

さて、次はお芋の形を描いてみるよ。
真ん中の色から塗り始めて膨らましていきます。
描けたら切り抜いて、「じゃあ、お芋をハグっと割ってみて〜!」
「え〜!もたいないよ〜!」と躊躇する子も・・・
「まあ、いいからいいから・・・」
ちぎった中身の色を貼ってほらおいしそうなお芋の出来上がりです。
そして、次の週にお芋だけでは何となく寂しい画面を
デザイナーになった気持ちでかっこ良くしてもらいました。
用意したのはカレンダーの切り抜き文字。
みんなすごく夢中!いいね!

b0129115_16355198.jpg
Riちゃん(1年生)


b0129115_16335887.jpg
Kaちゃん(2年生)


b0129115_1634833.jpg
Uiちゃん(2年生)


b0129115_11473681.jpg
Liくん(2年生)






と、デザインなことをしてみた10月でした。
(でも、提案のものだけではなく自由画も描いています。)

これもモコさんからの提案。
すぐにはみんなやりたがらなかったけど、
Uiちゃんがやってるのを見て「私も今日はこれやりた〜い!」と
女の子たちがやってる中、
Liくんだけはマイペースに世界作りを楽しんでました。

b0129115_11474166.jpg
Riちゃん(1年生)


b0129115_114744100.jpg
Kaちゃん(2年生)


b0129115_11474934.jpg
Uiちゃん(2年生)


b0129115_1259656.jpg


b0129115_1313232.jpg

Liくん(2年生)


自由画を描いてくれてる中でみんないろいろと反応が出てきました。
そちらは引き続き次のブログで。
ストレスと発散
[PR]
by cotomotoca | 2011-10-28 12:36 | ココロンバ
9月のココロンバ/2011
b0129115_14421562.jpg
Riちゃん(1年生)


b0129115_1446475.jpg
Uiちゃん(2年生)


b0129115_14423770.jpg
Kaちゃん(2年生)


これはみんなに「火山の絵を描いてみようか~?」ってモコさんから提案してみると
みんな「描きた~い!」と言って各々好きな画材で描き始めました。
するとみんなが描いたのは山の部分・・・おっとっと。
「火山の噴火してるとこだから、噴出してるのも描かないと~。」となって、
もう一枚上に画用紙をつなげることにしました。

2週にわたって仕上げた火山、
子供たちの迫力ある絵に誰もが驚くことでしょう。

火山なんて見たことある人なんていないけど、
誰の心の中にも火山はあるんですね。

その内側にある大きなエネルギーに気がつかされます。


ココロンバでは子供たちに自分の内側の心の声に耳を傾けてもらおうと思っています。
絵にはタイトルをつけてもらいますが、自分の気持ちがそこにあるようにします。
何を感じ、どんな気持ちがあるのかって普段意識するのは難しいことだけど、
絵を描くと考えではない「気持ち」が自然と現れてきます。
自由画についてはまたの機会にお披露目しますね。



b0129115_14403726.jpg
Liくん(2年生)

さて、みんなが火山に夢中になっている中、
Liくんだけは7月の終わりからずっと
紙粘土の造形とその世界についての創作に励んでいます。(現在進行中)
左下の世界から始まって右下→右上→左上と広がっていきました。

b0129115_14572846.jpg

左上のは太陽系博物館だそうです。

b0129115_14573110.jpg


b0129115_14573774.jpg

右上、時空がゆがめられてこちらは江戸時代。
でも、恐竜?

b0129115_14574046.jpg

恐竜の形を捉えるのにすごく真剣に取り組んでいます。

b0129115_14574319.jpg

右下、ここは自然のある田舎、川が流れています。

Liくんは線描きの表現に偏っていたんだけど、
この時にようやく色で面を塗るということをしました。
そして、個々のものを関係させるのもちょっと苦手だったんだけど、
道を作り、川を渡り、橋をかけるということをして世界をつなぎ、
個々のもの達を関係させていきました。
すごい!

b0129115_14574767.jpg


b0129115_14573445.jpg


b0129115_14575931.jpg

すごい小さいものなんです。
指先で一生懸命丁寧に形にしています。
こうやってカメラで覗くとより面白いね!
[PR]
by cotomotoca | 2011-10-15 11:13 | ココロンバ



All as Art『マナを満たし、マナと繋がり、マナとなる』
by cotomotoca


『私の森の情景』

陶芸家として思うこと



『器と暮らし』
2007~2008

東京時代のブログ




『ささやかなもの』
2006年

小さなアトリエからの物語



Tomoko Uchiyama | 


Wonderful Dogs
coto moto caは犬の保護活動を
応援しています。


カテゴリ
お知らせ
日々
風景
アトリエ
coto moto ca 時間
Welcome OPEN DAY
coto moto ca ごはん
出会い
お気に入り
発酵

散歩
陶作品
季節
子ども
お店・mono coto
犬の事
ココロンバ
ココロ絵日記
アートセラピー
陶芸教室
おもうこと
AWASU ライフサークル
アトピー
妖精たちとの暮らし方
ランチ&かっさ
にじみ絵
かっさのこと
MANA ART
nymphish
『いろあそび』
感謝市
外部リンク
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
FALL
明月記
Change by Gr...
おいしい野菜のぶろぐ
51farm
「アートな毎日」森すみれ...
ココロとカラダは大事な相...
検索
その他のジャンル