<   2014年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
8/26〜31『蓮』はちす展:創始空間・路風舎
b0129115_2327063.jpg


8月26日(火)〜31日(日)
浦安の古い街並にある『創始空間・路風舎』にて
個展をすることになりました。

Facebook イベントページはこちら


古い住宅を改装した味わいのある空間で
『蓮』をテーマに展示をします。



b0129115_23315981.jpg


先日、望月信幸さんの印の展示に訪れました。

まるで映画のワンシーンのような風景。


b0129115_23321624.jpg


この空間に一目惚れです!

だって、20代に国立で暮らしてた家にそっくり!!
柱の色がその家とおんなじでほんとビックリ!!!
私にとってすごくノスタルジックな佇まいなのです。



b0129115_23321764.jpg







ご案内してました『蓮の宴』ですが、
状況が整わなくなり、中止することに致しました。

楽しみにしてくださってた皆様には本当にごめんなさい。
わたしもとっても楽しみにしていたのですごく残念です。

でも、いつかきっと、
こんな宴をどこかで開くと思いますので、
それを夢みて、アップした文は削除しないでおきますね。


会期中はわたしはずっと会場におりますので、
ワインと軽いタパをご用意して
皆様とお会いできるのを楽しみにしてます。 



そして、29日(金)の夕暮れ時からの
『ワインとギターの宴』を企画してま〜す!
この日は三日月なのです☆


u,u〜♡・・・

今日作った蓮の器たちでお料理を盛りつけて♡
ラタトゥーユやcoto moto ca の自慢のピクルス、
そして大きなベジ・トルティージャ・・・
美味しいワインと共に。う〜〜ん、いい!



そして、岩田雄大さんの
アコースティックギターの生音でのしっとりライブ〜♬
演奏してくれることになりました〜^v^/


以下、ご案内文。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内山朋子の陶器の『蓮』の展示空間で
蓮の器でお料理を楽しんでいただこうと思い、
夏の終わりの三日月の夜に、
ワインとギターの宴を企画しました。

旅先で出会った心象に残る風景、
蓮や植物や水の情景の内山朋子の陶器と
世界中を巡った旅を通して感じた
空しさや本質を綴る叙情的な岩田雄大の歌とギターの
織りなす空気を感じていただけたら嬉しいです。

日時:2014年8月29日(金)17:30〜20:00
宴会費:¥1,000(もしくは持ち寄りも大歓迎〜☆)
*ライブは18:30より、投げ銭にて〜♬



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



みなさんも是非!スケジュール空けといてくださいね〜。
場所は浦安の古い街並にある『創始空間・路風舎』です。


b0129115_10281590.jpg


蓮は濁った水の中にあって、蓮の花はその水に触れることはない。
その佇まいにわたしの何かが揺さぶられるのでしょう。


古い住宅を改装した味わいのある空間、
自然の造形美を放つ器が醸し出す
調和の世界におくつろぎください。


蓮の世界へ旅します。
[PR]
by cotomotoca | 2014-08-26 23:50 | お知らせ
光の降り注ぐ海の中
b0129115_2143575.jpg


昨日、海の中で見た世界を感じながら・・・


光のシャワー、水面のキラキラ、苔むしたような岩肌、

セルリアンブルーとピンクの魚たち・・・
[PR]
by cotomotoca | 2014-08-19 21:45 | にじみ絵
『蓮』:ぐるっと旅をするように
b0129115_1059548.jpg


8/26〜31『蓮』はちす展@創始空間・路風舎

今回の個展は急遽決まったので、
これまでの作品を集めて展示します。
(新作も作っていますが。)

時間という枠を超えて、
わたしにとって自分が抱いてきた世界を
ぐるっと旅するような気分です。

これは1999年に製作した作品。
(うわ!!そんなに前なんだ^^)

水が流れるようにつくってあります。
『白い水』と題した個展で発表したもの。
タイのエラワンで出会った風景。
今回も非売となりますが展示いたします。
水の流れる音になんとも癒されるのを
是非味わいにいらしてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「白い水」

わたしの出会った白い水、
それはこの世のものとは思えぬほどの不思議な風景。

タイの西部、ビルマとの国境近くのエラワンという場所。

乾燥して焼けただれた大地を、熱風を浴びながら
ガタガタとバスで2時間ほどして辿り着いたものだから、
その滝のしっとりとしてヌメ〜っとした表情は
いっそう深く印象づけられることとなった。

その滝は石灰質の土壌にできたもので、
鍾乳石のように岩が溶け、ゆるやかな段を重ね、
そこに白濁した緑青色の水が満たしている。

なんとも不気味な感じさえするその水に足を入れるのは
ちょっと勇気がいる感じだったけど、
その不思議な色の水で泳ぐのはとても愉快で
ずっと泳いでいたかったけど、
猛烈な暑さとはうってかわって水は非常に冷たく、
しかもたくさんいる魚たちに体中を突っつかれるものだから
そう長くは入っていられなかった。


そんなふうにして、心の中に留められる風景、感覚。
そっと持ち帰ってきた石や貝・・・
その「白い水」は私にとってそういうものになった。

だんだんと薄まってしまうかもしれない記憶を
また呼び覚ませるように、
カタチの中に収めたいと思うのです。

1999年 内山朋子
[PR]
by cotomotoca | 2014-08-19 11:02 | お知らせ
ワレタカタチ
b0129115_1731832.jpg



焼き割れ・・・

でも、ワレタカタチ、すごくキレイ。






b0129115_1732260.jpg





b0129115_2258094.jpg



うっとり。


S字のラインでパックリと割れてできたフォルム。

意図されないカタチって本当にうつくしい。
[PR]
by cotomotoca | 2014-08-18 17:04 | 陶作品
結晶
b0129115_1714818.jpg



薄い氷が割れたような・・・

もしくは、結晶化がはじまったような・・・





b0129115_1715131.jpg







b0129115_1715441.jpg

[PR]
by cotomotoca | 2014-08-18 16:01 | にじみ絵
天の川とカリンバ
今宵はこぼれ落ちてきそうなほどの星〜☆

家の外でも天の川が見えてるけど、
海まで出かけてみた。

星々の広がりは地面とのつながりを薄くして、
白く浮かぶ海までの道は身体との距離感があやふやになって
宙を浮くような気分。

まるで銀河鉄道の夜の世界。

視界に入りきらない真っ白い天の川の流れを見渡して座り、
ウィンティーと一緒にカリンバを奏で、
カシオペア座の横をゆっくり尾を引く流れ星が
スローモーションのように姿を消していく・・・

お願いごとはできなかったねとウィンティーは残念そう。

海風に身体が冷えて、
星の海原を背に暗闇に浮かぶ白い道をたどり、
物語は終わりになりました。
[PR]
by cotomotoca | 2014-08-17 23:54 | 日々
オパールの空と海
オパールのような360度広がる空。

海に浮かび、おでこを水面ギリギリまでそっくり返して、
浮かぶラベンダー色のシルエットの島々を逆さまに眺める。

雲の冠をつけた大島の雄大なシルエットの横には
伊豆半島のいくつもの頂が広々と連なる。

ピンク、オレンジ、黄色、黄緑・・・
油のにじみのような鮮やかなグラデーション。

今日の海はまるでスライムのようで、
波間に身体がプルンプルンと緩やかにswing。

遠くに入道雲の造形・・・

しばし東京からの方と夕日を眺めてお話しして。

すばらしい風景に感謝♡
[PR]
by cotomotoca | 2014-08-17 19:56 | 日々
ウィンティーのセンス
b0129115_1028405.jpg


ウィンティーが生けたの。


夏休み、宿題は全くしないけど、
こういう才能は
どうやったら評価されるようにできるかしらね〜?



b0129115_1047438.jpg




b0129115_10473041.jpg






b0129115_10475870.jpg







b0129115_10485622.jpg






b0129115_10485263.jpg







b0129115_10483052.jpg

[PR]
by cotomotoca | 2014-08-17 10:29 | 子ども
自家製豆乳ヨーグルト
b0129115_011135.jpg


自家製豆乳ヨーグルト、夏は酸っぱくできる。

玄米を発酵させたものを元種にしてるの。
以前のどこかにそのことを書いてますが・・・


お気に入りの食べ方は
ブラックペパーとピンク岩塩で。



b0129115_0133143.jpg


甘いヨーグルトより塩の方が好きなの。
フルーツを合わせても塩を入れます。
[PR]
by cotomotoca | 2014-08-16 10:10 | 発酵
『生』をとどめる
b0129115_082053.jpg


湿り気のあるもの。
乾いたもの。

いのちあるもの。
いのちを終えたもの。

『生』の過程・・・

どちらもうつくしくて
どちらも愛おしい。

素焼きを出してるところに
ウィンティーが他の人の葉っぱのお皿を見て言う。

「これはママのと似てるけど、違う。
生きてる感じがしないから。」

そう・・・土は生きていたけど、
素焼きをすると死んでしまっているの。

でも、『生』をそこにとどめておくことはできる。
・・・ドキッとした瞬間。
[PR]
by cotomotoca | 2014-08-14 22:08 | 陶作品



All as Art『マナを満たし、マナと繋がり、マナとなる』
by cotomotoca


『私の森の情景』

陶芸家として思うこと



『器と暮らし』
2007~2008

東京時代のブログ




『ささやかなもの』
2006年

小さなアトリエからの物語



Tomoko Uchiyama | 


Wonderful Dogs
coto moto caは犬の保護活動を
応援しています。


カテゴリ
お知らせ
日々
風景
アトリエ
coto moto ca 時間
Welcome OPEN DAY
coto moto ca ごはん
出会い
お気に入り
発酵

散歩
陶作品
季節
子ども
お店・mono coto
犬の事
ココロンバ
ココロ絵日記
アートセラピー
陶芸教室
おもうこと
AWASU ライフサークル
アトピー
妖精たちとの暮らし方
ランチ&かっさ
にじみ絵
かっさのこと
MANA ART
nymphish
『いろあそび』
感謝市
外部リンク
以前の記事
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
FALL
明月記
Change by Gr...
おいしい野菜のぶろぐ
51farm
「アートな毎日」森すみれ...
ココロとカラダは大事な相...
検索
その他のジャンル